ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

5

ギズモード・ジャパンより転載。

よいっしょ!って持ち上げる時もありますし!

漕いでるときは軽いけど、止まると一気にズッシリ重くなる電動アシスト自転車。狭い場所では、止めて横にスライドさせたり、段差を持ち上げて乗り越えたり、前輪だけ浮かして動かしたり…と、駐車シーンを考えると、わりとよくあって困るよね。

でも「バッテリーとモーターが付いているわけで、重さはやむなしだよね〜」って思ってたんですが、いやいや。軽いの出ましたよ! パナソニックが発表した電動アシスト自転車ビビ・SL」は、19.9 kgと20kgを切ってるんです!

ヤツは同シリーズの中でも最軽量…

これがどのくらい軽い?というと「VanMoof X3」と同じくらい…と言っても伝わりにくいので、同じパナソニックの24インチのショッピングモデルで比較しましょう。

・フラッグシップモデル「ビビ・EX」:29.5kg

・エントリーモデル「ビビ・SX」:25.5Kg

・ちょっと良いミドルクラス「ビビ・DX」:28.3kg

・最軽量モデル「ビビ・SL」:19.9 kg

はい、同シリーズの中でも異常な軽さ。

ちなみに、ビジネスモデル「パートナー・U」と比べると15Kg以上も軽くなります。圧倒的ではないか…。

軽さの秘密は、モーターなどの駆動パーツの軽量化に加えて、アルミフレームで強度と共に軽量化を実現。バスケットなんてカーボン配合してまで軽くしてんの。そうだよね、日常使いにはカゴ(バスケット)必須だもんね。

バスケット、割れたら交換高そうだなー…と。へんな心配もしちゃってる僕が居ますが、日常使いにおいて自転車は軽いに越したことありません。繰り返します。軽い自転車は勝利です。

Source: パナソニック via ITmedia

text by 小暮ひさのり

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

私たちの世界を広げてくれる自転車。とはいえ、自転車といってもそのタイプはさまざま。みんなどんな自転車に乗って、楽しい毎日を過ごしているのでしょうか。サイクリストの自転車ライフをはじめ、魅力的なショップや便利なアイテムなど、自転車にまつわるあれこれを紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking