大沼千沙都

大沼千沙都

一気に秋めいてきた今日この頃。

秋といえばやはり読書ということで、1年ぶりに東京アートブックフェアが戻ってきます!

しかも今年は、オフラインとオンラインの2会場で開催という初の試みも。

2会場をつなぐ仕掛けがたくさんあるよ

TABF アートブック販売機

2会場をつなげる仕掛けの1つが、オフライン会場に設置される「ART BOOK VENDING MACHINE(アートブック販売機)」。

ここでは、オンラインで参加している海外アーティストの作品の展示・販売ができるようになっています。

そのため、もしも気に入った作品があれば、その場ですぐに購入が可能

オンラインとオフラインと組み合わせることで可能になる、このスピード感がいいですよね。

なお、ZOZOVILLAでも2021年10月22日からスタートする特設サイトにて販売するそうなので、気になった方は覗いてみて。(販売期間は2021年10月22日~2021年10月31日)

TABF library

その他にも、「Online Exhibitorsʼ Library」が設置予定。

オンラインで参加している国内アーティストの作品が展示されます。

アートブックを通してみるコロナ禍

TABF コロナ

今年も世界中からさまざまな作品が集められるわけですが、特に注目したいのが「ロックダウン中の日々を記録したZINE」。

きっと、マスメディアやSNSでの発信からは知ることができなかった生活の一面が、見え隠れするはずです。

さらに、ニューノーマルな生活を楽しむためのプロジェクトをまとめたアートブックエッセンシャルワーカーを撮影した写真集なども展示予定。

この機会に、パンデミック後の生活をゆっくりと振り返る時間をとってみるのもいいかもしれません。

野菜を収穫してオンライン会場を訪れよう

TABF オンライン会場

去年に引き続いての開催となったオンライン会場を訪れると、まず出てくるのが土に埋もれたじゃがいもやにんじんなどの根菜たち

これを引き抜くと、それぞれの出展者ブースに移動する仕組みになっています。

まさに、野菜の収穫作業

また、オンライン会場には、ブースの検索機能やお気に入り登録機能もあるので、より効率的に見て回ることができるのも嬉しいところ。

移動時間もないので、ちょっとしたすきま時間で世界中のアートブックをチェックすることができます〜!

TABF メイン画像

オフラインとオンライン、2つの会場で開催することで、より多くの人を巻き込んでの開催となることが期待される今年の東京アートブックフェア。

オフライン会場まで足を運ぶのが大変という人は、ぜひオンラインで参加してみてください〜!

イベント詳細
オフライン会場
会期:2021年10月28日(木)15:30-17:45、2021年10月29日(金)、30日(土)、31日(日)10:30-17:45 ※事前予約・2時間15分ごとの入れ替え制となります。
会場:東京都現代美術館
住所:東京都江東区三好4丁目1-1
公式サイトはこちら
チケット購入サイトはこちら
入場料:一般 1,000円(税込)

オンライン会場
会期:2021年10月22日(金)~2021年10月31日(日)
会場はこちら
コアタイム:10:30-18:00
入場:無料

あわせて読みたい:

大沼千沙都

イギリスにちょっとだけ住んでいた、山形出身の田舎娘です。わんこと服が大好きです。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking