門岡 明弥

門岡 明弥

8

昨年から登山に行く頻度が増えたのですが、実は登山用靴下を持っていなかったんですよね。

スニーカーでも登れるような標高の低い山に行くことが多かったこともあって、長めのスポーツ用靴下で代用することがほとんど……。

今後もう少し標高の高い山にもチャレンジすることを考えて、近所のモンベルに靴下を探しに行ってきました。

モンベルの登山用靴下

WIC.トレッキングソックス 履いている写真 足元

店員さんに相談し、オススメしていただいたのが「WIC.トレッキングソックス」

ウィックロンは速乾性・抗菌防臭性・耐久性に優れたモンベル独自素材。そんなウィックロンを使って作られたのが、この登山用靴下です。

もう少し短めの靴下もありましたが、「足をしっかり守るためには長めの靴下がいい」と店員さんにアドバイスをいただき、こちらを購入。

以前紹介したTシャツもウィックロン製だったこともあって、元々ウィックロンへの信頼もかなり高めでした。その安心感も、購入のきっかけだったかもしれません。

フィット感抜群

WIC.トレッキングソックスを履いた足

日本人のかかとに合わせた立体デザインになっているそうで、フィット感は抜群

そして足首からふくらはぎにかけてテーパードなデザインになっているため、歩いてる最中にずり落ちないのも嬉しいポイント。

WIC.トレッキングソックスを履いた足

厚手のソックスですが、足の甲部分がメッシュ構造になっているため通気性も良好。

登山靴を履いて長時間歩いてたら当然足は蒸れるけど、休憩中に少し靴を脱ぐだけで足の蒸れは気にならなくなります

ウィックロンは速乾性だけでなく、抗菌・防臭性も備えているので衛生面も◎。

1足持っておけば安心

WIC.トレッキングソックスを履いて登山シューズを履く

スポーツ用靴下でも快適さはありました。しかし、登山目的で作られた靴下を履くことで改めて感じさせられたのは、靴下もれっきとした防具のひとつであるということ。

実際にこの靴下を履いて山に登ってきましたが、山に登ってから降りるまで不快感を感じることはありませんでした。そしてなにより足をガチッと守られてる感覚があることで、安心して足を前に出すことができたこともひとつの発見。精神的な意味でも、ポジティブな靴下でした。

登山用アイテムを揃え始めたけど、まだ靴下は買ってない……という方は、ぜひ次の登山に行くまでに調達してみてくただいね。快適さと安心感、グッと変わりますよ!

WIC.トレッキングソックス[mont-bell]

あわせて読みたい:

門岡 明弥

音楽と言葉の仕事をしながら、ときどき山に登ったりスキレットで燻製作ったりするピアニスト。音大生のwebマガジン『オトラボ』を不定期で更新しています。

special

アウトドアシーンのみならず、お家の中でも使っている方も多いアウトドアアイテム。機能性とデザイン性にますます注目されています。そこで本特集では、アウトドアブランドのおすすめをご紹介。あらゆる「隠れた逸品」をROOMIE独自の視点でお届けします!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking