かとパン

かとパン

食欲の秋、いろいろな食べ物がおいしくなってくるこの季節。

特に食欲をそそるのが、黄金色に輝くほくほくの焼き芋。

でも、家で作るとパサパサになったり中までしっかり焼けてなかったりと、簡単そうに見えても意外にも難しいんですよね。

そんなお悩みを解決する専門的調理メーカーを発見しました!

おいしい焼き芋を食べよう

ピーナッツクラブ 焼きとうもろこし、焼き芋メーカー 2,180円(税込)

それがピーナッツクラブの「焼きとうもろこし、焼き芋メーカー」。

焼き芋、焼きとうもろこしをおいしく食べるために開発された調理器具です。

電源はAC100V(消費電力500W)家の中ではモチロン、出力の高いポータブル電源を使えば、外でも焼き芋を作ることができますよ。

実際に作ってみよう

作り方も、とっても簡単。

まずはサツマイモ準備し、電子レンジで1分間チン。

対応サイズが6.5cm×21cmと限られているので、小ぶりなサツマイモの方が相性は良いですね。

あとは焼き芋メーカーの中に入れて、フタを閉じて30分間待つだけ。

サツマイモの大きさや厚みによって焼き時間が多少変わるので、つまようじを使って焼き加減をチェック。

つまようじが、スっと刺されば完成です!

アツアツでホックホク

約30分後、焼き芋メーカーから取り出してパカッ。

焚き火でじっくり焼いたような、ホクホクのおいしい焼き芋ができました。

置いておくだけで簡単に作れる秘密が、石目プレート。

サツマイモに均等に熱を伝えてくれるので、アツアツ&ホクホクの焼き芋を作ってくれます。

お手入れも楽チン

アレンジレシピも付属していて焼き芋の他に、おいしい焼きとうもろこしも作れます。

使った後のお手入れ方法は濡らしたタオルなどで軽く水拭きしてあげましょう。

水洗いは厳禁なので注意してくださいね。

ひどく汚れることはないので、水拭きぐらいで丁度良いと感じました。

ヤケドにはご注意を

予熱時・調理時・調理後にかかわらず、ヤケドには細心の注意が必要です。

メーカー本体も熱いので、調理する時はお子さんの手が届かないところで調理する方が安心だと思います。

至福の焼き芋タイムをお届け

焼き芋メーカーを購入してからは、3時のおやつもスナック菓子から焼き芋に様変わり。

余ったものは、夕食の材料としても使えるから便利なんですよね〜!

おうちで簡単に今が旬のものをおいしく食べるって最高ですよ、ぜひ試してみてくださいね。

あわせて読みたい:

かとパン

フリーランスとして活動しながら「猟師」という一面も持つ、サバイバル系女子。普通の登山も好き。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking