covacova.

covacova.

4

快適なものより、遊び心のあるアイテムをあえて使ってみたくなるときがあります。

万能でないからこそ何かに特化していたり、限られたシーンでしか使えないことでその場所を探したり、より愛着が沸いたり……。

そんな気分にさせてくれるユニークなテントを見つけました。

木と一緒に過ごすテント

DOD 「トゥリーラブ」

DOD 「トゥリーラブ」 13,200円(税込)

DODの「トゥリーラブ」は木をメインポールにして建てるテント。

木がないと建てられないという不便さはあるけど、ピッタリの木が見つかればより自然と一体感を感じられるユニークなテントです。

DOD 「トゥリーラブ」のパーツ

テントの他にペグとテント上部の空間を広くするためのサブポールのみで構成されているので、重量も約1.5kgと持ち出しやすくなっています。

細くても太くても巻ける

DOD 「トゥリーラブ」を木に巻いた様子

※設置場所のマナーは守って設置しましょう。巻きつける部分の木の表面を保護できるよう、タオルやラバー製のシートなどを携帯しておくと便利です。

木に巻きつけるところは木の太さによって調整できるようになっているので、ある程度の太さがあれば設置できないということはありません。直径30センチくらいまでの太さが設置しやすいと思います。

どちらかというとできるだけ真っ直ぐに伸びていて、枝分かれしていない木を選ぶ方が重要かも。

細い木の場合は、サブポールをテント上部に取り付けてやることで空間を広く保ってくれます。ヒノキの木に設置できたらいい匂いがしてきそうですね……。

ビクビクしてしまうポール

DOD 「トゥリーラブ」のポールを曲げる男性

テント上部の空間を広げてくれるサブポールは、ジョイントすると円形になります。円になるポールは初めてだったので、挿しこむときも抜くときも四苦八苦したんですよね。

地面にグッと押し付けながらやるのが手っ取り早いんですが、ポールが折れてしまわないかビクビクしながら作業してました。

まったりするなら十分

DOD 「トゥリーラブ」の中に荷物を収納

最大2.5m×2.5mの広さになるので、大人一人が足を延ばして横になることは可能です。

なので、場所さえ確保できればソロキャンプにも使えると思います。僕はテント泊で使うよりは、日帰りでマッタリしたいときに「トゥリーラブ」を使っています。頑丈な居住性よりも、まずはある程度の空間を確保できれば十分なので。

また、ペグは8本打てるので、好みによって八角形や四角形に建てることもできますよ。常用テントとして使うのは難しいですが、「トゥリーラブ」が似合いそうな場所を見つけたら、木と一緒にひと味違った時間を過ごしてみてください。

トゥリーラブ[DOD]

あわせて読みたい:

covacova.

夏生まれのくせに冬が大好きな自由人。山が白く染まってくるとソワソワして、爆弾低気圧や冬将軍という言葉に過敏に反応するアレルギー持ちのため、定期的に雪山で治療が必要です。 最近はファインダーを通して見える世界に引き込まれてしまったため、アレルギー治療と写活のために北の大地への移住を計画中。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking