ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

20

ギズモード・ジャパンより転載。

「そこに在るだけ」というガジェット。ギズ屋台で買えます。

普段僕たちが使っているスマホ。当たり前に使ってるけど、その中身を想像したことは? あるいは中身の実物を見たことは? そんな機会はなかなかないですよね。

Grid Frame Studioの「GRID® 4S」は、デジタルガジェットを解剖して額装したアート作品。iPhoneやAndroid、携帯ゲーム機などの作品を手掛けていますが、今回紹介するのはiPhone 4Sを額装したものです。

iPhoneの中身、物理的に大公開!

GRID 4S iphone

iPhoneってこんなパーツでできてたんですねぇ。左がディスプレイ、真ん中がメインボード、右が背面パーツ。右下の細長いパーツはバッテリーですね、デカい!

GRID 4S iphone

電子部品をアート的に見ることってあまりないと思うけど、きれいに並べて標本図みたいにするだけで一気に見方が変わる気がする。かっこいい。

パーツを外されるiPhone

パーツはひとつひとつ実機から取り外されています。なかなか凝ってますよコレは。

A5チップ

おお、懐かしきA5チップ! iPhone 4sやiPad miniの第一世代など、2011年頃のAppleデバイスに搭載されていました。一時期はこれが最先端だったんですな〜。

生活のなかにガジェットの息吹を

アート作品だけど存在感はかなりガジェット寄りという、ちょっと変わったプロダクト。こういうのにキュンと来る人であれば、部屋に飾ってうっとりできると思いますよ。ギズ屋台にて、2万320円にて販売中です。

GRIDを眺める人

「ここがチップで、こっちがカメラになってまして〜」「ほうほう、興味深いねぇ」な、美術館のお客さんムーブも自然と出てしまう。

Source: Grid Frame Studio

text by ヤマダユウス型

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking