ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

2

アウトドアシーンで意外と使えるボックス

氷水を入れてクーラーボックスにしたり、食器類を洗うのに使ったりと、1個持っておくと便利なんです。

とはいえかさばるアイテムでもあるので、荷物の中で一際目立つその存在感に、どうにかならないものかな~と頭を悩ませておりました。

アウトドアの強い味方

DRESS(ドレス) パックシンク 1,980円(税込)

そんな中見つけてしまった最適解がこちら。釣り用品を取り扱うDRESS(ドレス)から販売されているパックシンクです。

頑丈な作りで、コスパも良いポータブルシンクです。

PVCと呼ばれる防水、撥水機能と耐久性を兼ね備えた素材を使用。

汚れてしまっても、水で洗い流すことができるのでお手入れも簡単です。

活用術いろいろ

私のパックシンク活用術を、いくつかご紹介します。

まずは簡易クーラーボックスとしての活用。

パックシンクに氷水とドリンクを一緒に入れておけば、いつでもキンキンに冷えたドリンクを楽しむことができます。

たくさんのドリンクを保冷できるので、大人数のキャンプシーンでも活躍してくれますね。

次は収納ボックスとしての活用。

アウトドアギアの収納から、汚れた衣服、靴の収納にも役立ちます。

汚れた服や靴をまとめてパックシンクに入れておくことで、車内に持ち運ぶことも苦になりません。

左右にハンドルが付いているので、重い荷物を入れた状態でもスムーズに持ち運ぶことができますよ。

その場で洗える

アイテム名にもなっているポータブルシンクとしての活用も外せません。

最近は、使い終わった釣り用具を洗うのに使っています。

自宅に持って帰って洗うのが面倒だったので、その場で洗えて綺麗にできるのは嬉しいですね。

縁には強化フレームが使われているので、水を満タンに入れた状態でもしっかり自立してくれます

コンパクトに持ち運べる

パックシンク本体は、折り畳むことができるので収納場所にも困りません

折り紙のようにパタパタと折り畳んでいくと、厚さ約2cmまで小さくなります

重さも約250gと軽量です。

ここまでコンパクトになれば1人でもどこでも持って行けちゃいますよね。

サイズは1種類のみ

DRESS(ドレス)のパックシンクのサイズ展開は1種類のみ。

容量は約13.4Lなので、小物のギアなどを収納するのに最適なサイズ感です。

ギアの収納をメインで使うのであれば、いくつか買い足して使ってあげましょう。

年中無休で使えちゃう

パックシンクがあればさまざまな活用ができるので、常に車内に載せてアウトドアフィールドに出掛けています。

使いたい時に使える、自分が使いたいように使える、この便利さと自由な感じが最高に魅力的なんですよね

次はどのように使おうか、日々研究中です。

DRESS(ドレス)パックシンク

※本記事は2020年9月22日の記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by かとパン

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking