ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

22

自分たちの要望を踏まえ、空間を作り上げていくリノベーション。これまでROOMIEでは、多くのリノベーションをした方々のおうちをご紹介してきました。

リビングやダイニング、寝室、浴室、ランドリールームなど、こだわりがたっぷり詰まった空間に毎度驚かされていますが、ひとつひとつにフォーカスを当てて伺ってくることは少なかった気が。

そこで、今回は「玄関」に注目して、お気に入りポイントや収納でこだわったことなどを聞いてみました。

福岡県・那珂川市
マンションをリノベした坂井さん宅の玄関

坂井さん宅全体

■おうち情報
家族構成:坂井康城さん、舞子さん
広さ:2LDK(77㎡)
※取材当時の情報をもとに記載しています。

坂井さんのおうちの全貌はこちらから↓

玄関のお気に入りポイントやアイテム

坂井さん宅 玄関

写真提供:坂井さん

玄関の気に入っているポイントは、靴を全て見えるようにしているので、朝どれを履こうかと扉を開けて探す手間がないことと、風通しがいいこと

お気に入りのアイテムは、小物などを収納している無印良品の「アクリルケース」です。また、棚の上にはドライフラワーなどを飾ったりして季節を楽しんでいます。

玄関収納について

坂井さん宅 玄関

Photographed by tsubottlee

収納を工夫し出すと、ものが増えても良いという気持ちが出てきてしまうので、収納術を考えなくて良い物選びをするように心掛けています。

靴の収納方法

坂井さん宅 玄関

Photographed by tsubottlee

上記のことを踏まえ、ふたりの靴がそれぞれ1段ずつに収まるような靴選びをして、ここに収まるようにしています。

東京都・調布市
マンションをリノベした塩野さん宅の玄関

塩野さん宅

■おうち情報
家族構成:塩野尚之さん、ミエさん、お子さま2人(小学校5年生、2年生)、猫
広さ:81.54m²
築年数:約30年(リノベーションして3年)

塩野さんのお部屋の全貌はこちらから↓

玄関のお気に入りポイントやアイテム

パドラーズコーヒー・松島大介さんプロデュースのリノベ物件

Photographed by Kenya Chiba

お気に入りポイントは、パドラーズコーヒーと同じデザインのパーケットフローリングを埋め込んでいることです。

お気に入りのアイテムは、これを玄関マットとして秋冬は使用してます。なかなかお気に入りを見つけられないものですが、これはビビビビときたアイテム。

「つかずはなれず」生活に馴染んでくれます。

玄関収納について

パドラーズコーヒー・松島大介さんプロデュースのリノベ物件

Photographed by Kenya Chiba

収納については、だいたい畳一帖の広さにガチャレールを付けた程度。棚の位置を変更できるとデザイナーさんから提案され、予算にも見合っていたのでガチャレールを使用しました。

靴の収納方法

塩野さん宅 玄関

写真提供・塩野さん

普段使いはガチャレールの棚に収納して、

塩野さん宅 玄関

写真提供・塩野さん

季節ものなどは同じデザイン・同じサイズの箱を買い、家族分を収納しています。

玄関に「これを置いていてラクになった!」といったモノ

シオノさん マスクケース

写真提供・塩野さん

山崎実業の「マスクケース」です。衛生的だし、玄関のドアと一体化してくれてます。

子供用にもう一つ買おうか迷ってるくらい重宝しています。

千葉県・千葉市
団地をリノベーションした横田さん宅の玄関

横田さん宅

■おうち情報
家族構成:横田美穂さん、工(たくみ)さん、創吉くん(5歳)
広さ:3LDK+WIC/72.90㎡
築年数:42年(1979年築)

横田さんのおうちの全貌はこちらから↓

玄関のお気に入りポイントやアイテム

横田さん宅 玄関

写真提供:横田さん

玄関を広く作った事により、重たい荷物も引き戸を開ければ、そのままリビングへ置けることです!

玄関収納について

横田さん宅 玄関

写真提供:横田さん

玄関の収納は、傘をかける部分のみです。

靴の収納方法

横田さん宅 玄関

Photographed by Kenya Chiba

靴はすべてここに収納しています。

靴の収納は、扉のあるシューズボックスではなく、靴を見せる棚が良いとデザイナーさんにこのような棚でお願いしました。写真では見にくいのですが、棚板は動かせるようになっていて、1番下に長靴を置いたりできるようになっています!

玄関に「これを置いていてラクになった!」といったモノ

横田さん宅 玄関

写真提供:横田さん

電動自転車の充電スペースです。

バッテリー自体が重たいので、玄関先に充電スペースがあるとラクになります。

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

北欧、ストリート、DIY、アウトドア。リアルでさまざまな「暮らしのあり方」にフォーカスすることで、「自分にとって、一番いい暮らし」を探っていく…。連載「みんなの部屋」はスタイルを探求する旅です。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking