カマタユキコ

カマタユキコ

1

1日の終わりのホッと一息できる時間は、できるだけ好きなものに囲まれていたいですよね。

最近特にお気に入りなのがKINTOの新商品である「アロマオイルウォーマー」。

夜のルーティーンに組み込んでみたら、QOLが爆上がりしたんです

癒されるってこういうこと

KINTO アロマ オイルウォーマー カッパー
5,060円(税込)

KINTOといったらタンブラーやボトルのイメージが強かったのですが、新商品で「なんて素敵……!」と目を引いたのが「アロマオイルウォーマー」。

アロマディフューザーでもお香でもなく、キャンドルを灯して楽しむアロマオイルウォーマーって珍しいですよね。

ランタンのようなやさしい光に癒やされます。

使い方はシンプル

使い方は、ガラスカップに水またはぬるま湯を約30ml入れて、キャンドルに火をつけるだけ。水量が多いと、過加熱状態になった時にとつぜんお湯が激しく噴出する突沸が起きるので、注意が必要です。

思ったより小さいサイズだったので、香る範囲にはあまり期待していなかったのですが、数分するとほのかにアロマの香りが。湯気と一緒にアロマの香りが部屋に広がって、見た目も美しく視覚と嗅覚で楽しむことができます。これは良い……!

ランタンなどの間接照明の代わりにもなるし、寝る前の楽しみの1つになってます。

キャンドルの交換がしやすいキャンドルカバー

底面にはキャンドルホルダーを載せるくぼみがあるので、キャンドルがズレる恐れもなし。ホルダーごと外せるのでキャンドルの交換がしやすいのは意外と便利です。

ガラスカップは簡単に取り外しもできるので、洗いやすくいつでも綺麗に保つこともできます。アロマディフューザーよりお手入れもしやすいし、毎日のちょっとした楽しみが増えてしあわせ〜!

ちなみにスタンドの底面(裏)はクッション性の高いシリコーンゴム付きなので、キャンドルの熱がテーブル等に伝わったり、場所が簡単に動いたりすることもありません。

長時間の使用には気をつけてね

キャンドルの火をずっと見ていたいですが、突沸の原因となるので使用時間は1回30分まで

色はカッパーとブラックの2色で、わたしは光の反射も楽しめるカッパーを購入しました。

寝る前や仕事に集中したいとき、ゆったりとした時間を過ごしたいときに活躍しているアロマオイルウォーマー。火のゆらめきを眺めたり、香りを楽しんだりして、不思議なくらいホッとする時間を過ごせています。

KINTO(キントー)アロマオイルウォーマー[Amazon]

あわせて読みたい:

カマタユキコ

一日の大半を家の中で過ごすおうち大好き人間。毎日の暮らしがもっと楽しくなるように考えながら、現在4歳と2歳の育児に奮闘中。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking