Commerce

Commerce

ギズモード・ジャパンより転載

必要なのはお茶の時間だったんだ。

根っからのコーヒー好きを自負している筆者ですが、おいしいお茶を飲ませてくれる急須に出会ったことをきっかけに、その魅力を知りました。

というわけで、今日は1日に1回はお茶を味わいたくなる急須を紹介したいと思います。

割れない、熱くない、かさばらない

煎茶堂東京の「透明急須 120ml」は樹脂製のクリアなルックスが特長的。熱を伝えにくい素材が用い、取っ手部分を省いたシンプルなデザインです。

ひと息つく、が実感できる

フタを開けたまま徐々に色が濃くなっていく様子を眺め、「そろそろ頃合いかな…」なんて考えながらお気に入りの湯飲みに注ぎ、ひと口目をすすります。このとき受けた軽い衝撃は今でも覚えています。

なんというか、初めてちゃんとお茶を味わったような気がしたんですよね。

考えてみたら、こんなにじっくりとお茶に向き合ったのは久しぶりでした。

自分はいつも飲んでいるのはコーヒーです。目覚めの一杯、仕事前の一杯、仕事中の一杯etc. 知らず知らずのうちに、コーヒーはONモードに入るための飲み物になっていたのだと思います。

その点、お茶は普段口にしないからこそ、とても新鮮で完全にOFFモードにしてくれました。これが「ひと息つく」ということか…、と実感させてくれたのです。

小さい、だがそれが良い

透明急須 120ml」の容量は、だいたい湯飲み一杯分です。だからこそ、お茶に気持ちを集中させることができるのでしょう。

最初は、「小さすぎて家族と一緒に使うのは無理だな」と思いましたが、考えてみれば食事にしろお茶にしろ、常に家族のことを考えていて、自分ひとりの楽しみを優先させたことがなかったんですよね。

だから、「透明急須 120ml」は筆者だけの特別な時間を演出してくれる、大切なアイテムになりました。テレワークやステイホームで家族と過ごす時間が増えたからこそ、ひとりの楽しみを作るのは贅沢に感じられます。

取っ手がないユニバーサルデザインだから、ギフトにもピッタリ。パッケージも素敵で喜ばれそうですよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

煎茶堂東京「透明急須 120ml」[Amazon]

Photographed by Machiko Nakagawa

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking