小池田

小池田

3

移動中音楽を聴いたり、はたまた仕事でビデオ通話をしたり。

ワイヤレスイヤホンといえば今や必携アイテムですが、なかなかこれだ!というものを見つけられずにいたのも正直なところ……。

長時間つけていると耳が痛くなったり、かと思えばちょっとした衝撃で落としてしまったりと小さなストレスを感じていたのですが、ついに出会ってしまいました。

シンプルに見えて本格派!

JBL「JBL LIVE PRO+ TWS」17,800円(税込)

スピーカーなど本格的な音楽機器で有名なオーディオメーカー・JBLより今年新しく登場した「JBL Live Pro+ TWS」。

なんでも“ハイブリッド式ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホン”だというこちら、たしかに実際使ってみるとクオリティの高さに驚かされました。

カラーはブラック・ホワイト・ベージュの3色。

手のひらに収まるコロンとしたケースには「JBL」のロゴがうっすら刻印されていて、至ってシンプル。

マットな質感で高級感もありつつ、指紋がつきにくいのが個人的には気に入っています。

フィット感バツグンで長時間使用も快適

使ってみて感じた一番の魅力は、耳に入れたときのフィット感

ショートスティック型」と呼ばれるデザインを採用しており、JBL史上最高のフィット感を追求したのだとか。

JBL LIVE PRO+のイヤホン

イヤホンのフィット感に違和感をもった経験がある方は少なくないと思うのですが、大きく分けて要因は2つあるそう。

1.耳の中心部に位置する窪み(コンチャ)が浅い、狭い、またはその両方
2.耳の前方の突起部(トラガス)がV字型に尖り、出っ張っている

装着時に痛みが出たり不安定になったりしてしまうこともあるらしいのですが、JBL LIVE PRO+ TWSは独自の構造によりそういったストレスを解決。

充電池やアンテナなどのパーツを外のスティック部に配置し、本体の小型化&厚み約15mmという薄型設計を実現することにより、さまざまな耳の形状に対応できるようになったのだそう!

しっかり耳の中で安定している感じがあり、移動やちょっとした運動くらいならずれたり落ちたりすることはまったくナシ

曲を変えようとタップしたり耳に髪をかけたり……なんて何気ない動作でイヤホンを落としてしまったことがあるので、そういったリスクを減らせるのはかなり助かるなあ。

イヤーチップ&専用アプリでさらにフィット

付属品のイヤーチップ、充電コード

ちなみに5種類の大きさ・深さが異なるイヤーチップが付属しており、耳にあわせてさらにフィット感を高めることも可能。

「もう少し小さいイヤーチップがあったら……」と悔しく感じた経験が過去にあるので、これはうれしい!

専用アプリで最適なフィット感の確認もできるため、「これでちゃんとフィットしているのかな?」といった不安も払拭されました。

いままで長時間イヤホンを着用していると耳が痛くなってしまうことが多かったのですが、これだと本当に平気なのですごい……。

低音〜高音までクリアで聴きやすい

また、コンパクトなデザインながら、音の面でも妥協を感じません。

小型な本体でもパワフルな低音を実現するために、高性能11mm径ダイナミックドライバーを搭載しているそう。

低音域は力強く迫力があって、中〜高音域もキンキンせずクリアな印象。

音にはあまり詳しくありませんが、聴いていてストレスがなく、むしろ今までより贅沢に音楽を楽しめている気すらします……!

ノイズキャンセリングで没入感◎

さらに、上位モデル譲りのハイブリッド型ノイズキャンセリング搭載で、環境音が気になるシーンでの使用も快適に。

本体外側のマイクと鼓膜に近いドライバーユニット側のマイクの2つのマイクで、より高いノイズキャンセリング性能を実現しているのだそう。

散歩中や電車での移動中など、音楽だけに集中できるのがこんなに心地いいとは……!

イヤホンを耳から取り外さないままに外部の音を取り込む「アンビエントアウェア」機能や、相手の話し声を強調し会話をしやすくする「トークスルー」機能も地味に便利!

買い物中レジで応対したり、作業中家族と会話したり、日常の中で一番あってよかったな〜と実感する機能かもしれません。

ちなみに聴こえ方やノイズキャンセリングも専用アプリで細かく設定ができるので、こだわり派の方もきっと満足できるはず。

音楽だけでなく、ビデオ通話にも

ノイズキャンセリング機能をオンにした状態だとイヤホン本体は約6時間再生、充電ケースはフル充電でイヤホンに18時間分の充電可能

……つまり、最大約24時間もワイヤレス再生ができるというパワフルさ!

10分の充電で1時間使えると高速充電にも対応しているので、「使おうと思ったら充電し忘れてた!」なんてときにも心強いなあ。

マイクの性能も高く、オンラインでのビデオ通話でも活躍中。

相手の声もクリアに聴こえるし、ペアリングも速いし、通話用としてだけでも持っている価値があると思います。

約1ヶ月間ほぼ毎日使っていますが、正直、レビューしきれないほど魅力の詰まったJBL LIVE PRO+ TWS。

現在は、JBL公式サイト楽天市場のJBL公式ショップなどで購入できるそう。

「なかなか満足するワイヤレスイヤホンに出会えていない」という方にこそ使ってほしい逸品でした!

JBL LIVE PRO+ TWS[JBL]

あわせて読みたい:

小池田

フリーランスの編集・ライター。喫茶店とアイドルが好きです

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking