ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

4

昨年、連載「みんなの部屋」に出演してくれた、東京都・世田谷区の代田エリアでシェアハウスをする宮地さんと谷口さん。

リノベーション済み物件とはいえ、築90年ということもあり、「柱にビス打ちをするなど簡単なDIYはしていいと言われていて、玄関の靴棚や自転車置き場など、ポイントポイントで痒い所に手が届かない場所はDIYをしている」とお話ししてくれました。

どの部屋もとても素敵な空間が作られていましたが、なかでも印象的だったのは「玄関」。自転車が吊り下げられていたり、柱や板が組み合わされていたりと、たくさんのアイデアが詰まっている様子……! というわけで、玄関についてあれこれ伺ってみることに。

宮地さんと谷口さんのお部屋の全貌はこちらから↓

■おうち情報
名前(職業):宮地健太郎さん(広告代理店)、谷口さん(メーカー)
場所:東京都世田谷区代田
面積:60㎡+庭
家賃:12,5万円
築年数:約90年

玄関のお気に入りポイント

写真提供:宮地さん

約2.5畳ほどの土間になっているので、自転車を収納するだけでなくメンテナンスやDIYといった作業ができるところです。

最近は押し花作家としての活動を始めたので、額つくりといった制作活動をここでしたりもしています。

玄関に収納について教えてください

Photographed by Kaoru Mochida

住み始めた当初は収納は何もなかったのですが、持っているものがきれいに収まるように靴棚をつくり、物が増えたらその都度、棚を拡張しています。

ルームシェアをしていて自分の物ではない物もあるため、何がどこにあるか一目でわかるようにあえて“見せる収納”に。

Photographed by Kaoru Mochida

靴の収納については、ホームセンターで買ったコンクリートブロックと板を重ねた靴棚をつくってそこに収納しています。

靴が増えてきたら、追加でブロックと板を買ってきて常にすべての靴を収納できるように。固定すると解体や引っ越しの際に大変になるので、この棚はただ重ねているだけで、いつでも簡単にばらして移動できるようにしました!

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

北欧、ストリート、DIY、アウトドア。リアルでさまざまな「暮らしのあり方」にフォーカスすることで、「自分にとって、一番いい暮らし」を探っていく…。連載「みんなの部屋」はスタイルを探求する旅です。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking