ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

1

今年もユニクロU新作の発売時期がやってきました!

今回、特に優秀なアイテムが多かったのはカーディガンなどの「羽織りもの」。

ということで、おすすめの「羽織りもの」を3つご紹介します。

最近は、朝晩の冷え込みで1日の気温差が激しいので、1枚持っておくと便利なはずです。

フリース感が出過ぎないのがちょうどいい

ユニクロU 「フリース カーディガン」 ダークグレー XSサイズ 商品単体

ユニクロU 「フリース カーディガン」 ダークグレー XSサイズ 5,990円(税込)

こちらは、ユニクロUの「フリースカーディガン」。

見た目はフリース感がなく、肌触りが硬めの「フランネル」素材といった感じ。

フリースの温かさは感じつつも、生地的には分厚さをさほど感じないので、もう少し冷え込んできたら、着用できそうかなと思っています。

ユニクロU 「フリース カーディガン」 ダークグレー XSサイズ 襟部分の拡大
一般的なカーディガンと違い、こちらのカーディガンはポケットの位置や首のつまり加減が絶妙

前を閉じたときの首元の深さは浅めなので、柄物やノーカラーシャツとの相性もよし。

もう少し冷えてきたら、厚手のパーカやニット(静電気が怖いですが)も組み合わせて着たいな~。

ユニクロU 「フリース カーディガン」 ダークグレー XSサイズ コーディネート

また、サイズはXS~XXLまで展開されているのですが、元々が大きいサイズなので、大きめに着たくてもその気持ちをグッとこらえて普段着用しているサイズを選んだ方がよさそうです。

まだ暑い日が続くから、秋服は買う気になれないな~なんて言っているのは今だけ!

9月ももう終わりですし、冷え込み始めて後悔する前に、いまゲットしておきませんか?

フリース カーディガン [ユニクロU]

詳しくはコチラ↓

高級感のある生地が魅力、オーバーサイズシャツ

Uniqlo U  「ヘビーフランネルオーバーサイズシャツ 」商品単体

ユニクロU 「ヘビーフランネルオーバーサイズシャツ(長袖)」 3,990円(税込)

ヴィンテージ風のブラッシュドチェックが上品な「ヘビーフランネルオーバーサイズシャツ」。

商品名にオーバーサイズと入っているように身幅が広く作られています

ボックスシルエットで程よくリラックス感も出ますね。

Uniqlo U 「ヘビーフランネルオーバーサイズシャツ 」 生地
手に取った時に驚いたのが、表面をわずかに起毛させた高級感のある生地

厚めの生地でしっとりとした肌触りです。

手に取ってみると重量感がありますが、生地の厚みを考えれば納得。その重さもあってかアウターを羽織っているような感覚になります

Uniqlo U 「ヘビーフランネルオーバーサイズシャツ 」 上着との組み合わせ
厚い生地ですが、中間着としてもちゃんと綺麗に着ることができます。上からアウターを着てもごわつきや着づらさは全く感じませんでした。

さらに、どのカラーもカジュアルすぎず、着る人の年齢を選ばない綺麗なカラーリング。

商品写真で気になった方は実物を見たらきっと思わず買ってしまう、3,990円(税込)とは思えない高級感のあるユニクロUの1着でした!

ヘビーフランネルオーバーサイズシャツ[ユニクロU]

詳しくはコチラ↓

ほどよいフォーマルさがあるのが嬉しい

ユニクロ 「デニムオーバーシャツ(長袖)」 着用中

ユニクロU 「デニムオーバーシャツ(長袖)」 3,990円(税込) ※身長170cm Mサイズ着用

最後にご紹介するのは、ユニクロUの「デニムオーバーサイズシャツ」。

今年春に紹介したオーバーシャツジャケットと比べて、サイズ感は大きめです。

MとLの中間のような着用感で、M寄りのLといったところでしょうか。

ユニクロ 「デニムオーバーシャツ(長袖)」 素材
なかなかデニムジャケットっぽさを感じる肌触りではありますが、長く着る中でどんな風に変わっていくか気になるところ。

ただ、分厚すぎるわけではないため、動きやすさも両立しています

ボタンもシンプルでお気に入り。ギラギラとした金属感はなくて、マットな質感です。

ユニクロ 「デニムオーバーシャツ(長袖)」 前を閉じた時
着用感としては、アウターメインで「シャツとしても使える」くらいだと感じました。

上品な質感に、直線的なシルエット。それでいてワイドさがあるから、フォーマル過ぎない仕上がりに

今回紹介した「デニムオーバーサイズシャツ」、3,990円(税込)で販売中です。ぜひなくなる前にチェックしてみてください〜!

デニムオーバーサイズシャツ[ユニクロU]

詳しくはコチラ↓

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking