ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

5

おうち時間がもはや日常となって久しいですが、同じような毎日ばかりで飽きてしまう……なんて人も多いのではないでしょうか。

そんなときこそ、生活に新しい「ちょっとした趣味」を導入したいところ。

今月ROOMIEで公開した記事のなかから、そんな新しい趣味の扉を開いてくれそうなアイテムを3つピックアップしてみました!

釣りってこんなに身軽にはじめられるんだ…

釣りと聞くと、専用の道具を揃えるのにもお金や知識が必要なイメージがありますが、ハゼ釣りの魅力は手軽さにあり。

ネットや釣具屋、100円均一で揃えた道具をリュックに詰め込んで、すぐに遊びに行けちゃいます。

必要なものは、まず「のべ竿」。

のべ竿とはリールを取り付ける必要のない「ザ・釣り竿」。

ネットや釣具店で安価に手に入ります。

次に仕掛け「ハゼ天秤」。

こちらも釣具屋、ネットで購入しましょう。

重りとその横から天秤のように糸と針がついています。

あとはDAISOで、水汲みバケツ、釣り糸などを購入すれば準備はOK!

これらが準備できたら、あとは「マハゼ」が釣れるの海水と淡水が混じった汽水域に向かいましょう。

東京メトロの月島駅から徒歩10分くらいにある「佃堀」などなど、都内からも好アクセスな有名ポイントがあるんですよ。

釣れたら、その後は楽しかったな〜なんて思いながら、ハゼ天とビールで晩酌。

ぜひ、家族や友人と、休日に1人でもハゼ釣りに出かけてみてください、童心に戻って夢中になってしまいますよ。

釣りに興味がある方の入り口としても最適なはず!

詳しくはこちら↓

「ちょっといいフレーム」があるだけで、部屋の壁の可能性が無限大に!

アートがさりげな〜く飾ってある部屋に憧れますが、なかなかハードルが高いのも事実……。

まずは気軽にできることから!と、ポスターを飾ってみようと思います。

東京の不動前駅にあるOrné de Feuilles(オルネ ド フォイユ)のオンラインショップで見つけたのが、こちらのポスター。

「Nordic Line フレーム 40cm×50cm」 5,500円(税込)

そして、デンマーク生まれのフレーム。

木製の土台の枠に木目シートを貼って仕上げているそうですが、シートではなく本物の木目に見えるくらいの完成度。

北欧らしい温もりもありつつすっきりとした印象です。

こちらを、ダイニングの壁に設置してみると……

なんだか空間に温もりとリズムが生まれた気が……!

ポスターをちょっとちゃんとした(ここが大事かも)フレームに入れるだけで、部屋にも愛着がわいてきそうです。

お気に入りのポスターを探すのも楽しそうだし、自分で描いた絵を飾ってみるのもおもしろそう……!

ちょっと画材屋さんでも覗いてみようかな……と思えてくるアイテムなのでした。

詳しくはこちら↓

無印良品の「苔玉」で、お部屋に植物を導入してみる

おうちでグリーンを楽しみたい! と思いつつも、枯らしちゃったらどうしよう……という心配で、なかなか最初の一歩を踏み出せないことってありますよね……。

そんな人におすすめしたいのが、無印良品の「苔玉」。

ネットストアにて、たびたび期間限定で販売されている商品です。

黒法師の盆栽は、やや乾燥を好むのだとか。

水やりの頻度は「夏場:2週間に1度」「冬場:1ヶ月に1度」でいいんです!

これなら私でも育ててあげられそう!

そろそろかな~と思ったら、器の中に水を少しためて、給水させてあげるだけでOKです。

現在ネットストアでは苔玉は完売してしまいましたが、他にも盆栽なども、丈夫で育てやすい品種が揃っている無印良品。

お部屋にグリーンがほしいな、でも手軽に育ててみたいな、という方は要チェックです!

詳しくはこちら↓

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking