osio

osio

10

本革の鞄が気になっていた私。

ビジネスバッグではなく、かと言って可愛すぎるフォルムではなく、男女共に長く使えて、且つエイジングを楽しめそうな物はないかな……と、高価な買い物なので詰め込みたい希望もたくさん。

いろんなブランドをチェックしては頭を抱えていました。

土屋鞄製造所のフリーワンショルダー


土屋鞄製造所 ディアリオ フリーワンショルダー 59,400円(税込)

これだ! と思って手に入れたのは、土屋鞄製造所の「ディアリオ フリーワンショルダー」

大きな一枚革を贅沢にあしらったトートバッグです。

ナチュラルな色合いの革は「オイルメロウレザー」。

色合いと革の厚みを活かしたハリ感にたまらなく惚れこんでしまいました。

購入して約1ヶ月が経ちましたが、購入直後に比べると艶が増して味が出てきました!

きっとこれからもっと魅力的になっていくんだろうな。

一緒に時間を重ねていくのが楽しみです。

見た目に反してたっぷり入る

このフリーワンショルダー、縦長にすっきりとしたフォルムですがマチがあるので、意外とたくさん収納することができます。

A4がぴったり入るサイズだから、勿論ノートパソコンも入れられます。

マグネット付きのベロが付いているので、たっぷり入れても安心!

口元が開きすぎないようにしてくれます。

強めにパチンッとくっついてくれるのも嬉しいなあ。

この通り、バッグ全体を閉められるようなファスナーはないので、雨の日は違う鞄で出掛けるのが無難かも。

私は晴れた日用としてこのディアリオを愛用しています。

ファスナー付きポケットが1つ付いているほかに、フリーポケットも2つ付いています。

小物類を持ち歩くことが多いので、この仕様もとっても助かります!

ワンショルダーだから肩からずり落ちにくい

「ディアリオ ワンショルダー」で一番嬉しかったのは、肩にしっくりきたこと。

肩ひもが2本あると、どうしても片方がずり落ちてしまうのですが、ワンショルダーがゆえに全く気にならなかったんです!

丈夫で、肩や手に馴染みやすいよう仕立てているそう。

ここまで肩にかけやすいのは、数ミリ単位で設計されているからなんですね。

シンプルな佇まいはもちろん、トートバッグへの苦手意識を綺麗に取っ払ってくれました。

エイジングを楽しみながら

使いやすくて、収納もたっぷり入って、そのうえ革の良さをめいっぱい味わえる、土屋鞄製造所の「ディアリオ ワンショルダー」

これだけ完璧な手仕事を見てしまっては、そりゃあ惚れても仕方がないですよね。

本革の鞄を探している方は、叶うならば店頭で一度手に取ってみてください!

土屋鞄製造所「ディアリオ フリーワンショルダー」

あわせて読みたい:

osio

都会生まれ、都会育ち、めぐりめぐって今は長野県在住。毎日を豊かにしてくれるアイテムにときめきます。ビールと日本酒がだいすきです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking