門岡 明弥

門岡 明弥

6

最近LEDライトを買い足しました!

ランタンスタンドに引っ掛けて使う大きめなものは持っていたのですが、サイズがコンパクトで小回りの効くタイプは持っておらず……。

アウトドアシーンのみならず、テレワークでも活躍するという理由で選んだのが、今回紹介するライトです。

コールマン×ベルボンのLEDライト

コールマン×ベルボン 「LEDマルチライト」

コールマン×ベルボン 「LEDマルチライト」 7,980円(税込)

アウトドアブランドであるコールマンと、カメラの三脚などを主に製造しているベルボン。両者のコラボによって生まれたのが、この「LEDマルチライト」です。

これまでにも三脚やセルフィー棒などのコラボアイテムが販売されていましたが、アウトドアシーンでも使える本格的なアイテムは今回が初めてではないでしょうか。

コールマン×ベルボン 「LEDマルチライト」の下部

USB充電式(TYPE-C)で、本体下部にはネジ穴付き。付属のカラビナやミニ三脚をここに装着して使います。

コールマン×ベルボン 「LEDマルチライト」に三脚を装着

実際装着すると、こんな感じ。どこかミニマルさを感じられる見た目もお気に入り。

色温度・明るさ調整も

コールマン×ベルボン 「LEDマルチライト」を点灯

電源ボタンを2秒ほど長押しすると、ライトが点灯。

明るさは最大645ルーメンで、真っ暗な状態で使うと見た目以上のパワーを感じさせられます。

コールマン×ベルボン 「LEDマルチライト」を点灯

昼白色→電球色→昼光色の3パターンで、これは電球色。

照度調整ボタンを押すと5段階もの明るさ調整ができ、電源ボタンを押すと発光色が変わります

キャンプサイト一面をこれ1本で照らすのは難しいですが、テーブルの上に置いておいたり、テントの中で使ったりと、小回りが効くライトですね。

変形する!

コールマン×ベルボン 「LEDマルチライト」を変形

このランタン1番の特徴、それは変形すること。

3つの照明部分が開き、光の方向を自在に調整することができるんです。

コールマン×ベルボン 「LEDマルチライト」を変形

こんな風にもなるし、ちょっとだけ開いておくことも◎。

コールマン×ベルボン 「LEDマルチライト」を直角に変形

頭部分も直角に変形させることができるので、光が欲しい部分を狙ってライトを当てることができちゃいます。

そのうえライトは3本ありますが、点灯箇所を減らせるのも嬉しいポイント。

明るさを最小にしても「もう少し明るさを減らしたいな〜」と思うときには、照度調整ボタンを3秒ほど押しましょう。1本ずつ消灯できます。

残念なところ:いちいち外さないといけない

コールマン×ベルボン 「LEDマルチライト」 三脚とカラビナ

充電ポートに干渉してしまうため、三脚やカラビナを装着したまま充電できないのは残念なポイント。

いちいち外さないといけないのは面倒だし、専用ポーチもないから失くさないように気を使うのもストレス……。

それに、カラビナか三脚どちらかひとつしか装着できないのも、不便さを感じました。どっちも常に装着しておくことができれば、付け替える手間がないのになぁ。

カラビナでもっと便利に

カラビナを装着して、コールマン×ベルボン 「LEDマルチライト」を引っ掛けた様子

付属のカラビナを使って、どこかに引っ掛けても便利に使えます。本体は288gと軽いので、引っ掛けた場所にダメージが残る心配も少なくて安心。

キャンプシーンでは、ベルトループに引っ掛けて使うことも多いこの頃です。夜トイレに行こうとするとあまりに真っ暗なので、なかなか重宝していますよ。

また、アウトドアシーン以外にも、撮影用ライトウェブ会議時の「夕方になると顔が暗くなる問題」を解決してくれるアイテムとしても大活躍の1台です!

あわせて読みたい:

門岡 明弥

音楽と言葉の仕事をしながら、ときどき山に登ったりスキレットで燻製作ったりするピアニスト。音大生のwebマガジン『オトラボ』を不定期で更新しています。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking