ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

3

ギズモード・ジャパンより転載。

名前の由来は『フォレスト・ガンプ』ですって。

ニュージーランドのPasschier社が、強さと軽さと柔軟性を持つを使った自転車用ハンドルバーを作っています。私たちアジア人には身近な存在の竹ですが…ハンドルバーにすると悪路での振動を程良く吸収し、手のひらや手首、腕の疲れや痛みを軽減するという使い方は新鮮かと思います。

しかも持続可能な素材というのもイマドキ。人にも環境にも優しく、イイこと尽くしなのです。

厳しい耐荷重テストをクリア

ハンドルバーは1本の竹から作られているのではなく、何層にも重ねられてコーティングされています。

その強さは両手のグリップにあたる部分に、それぞれ25kgずつの荷重を5日間連続で10万回与えてもしなるだけで折れない、という実績を残しているほど。

合金製だと剛性のみでしなやかさはありませんが、竹だからこそ身体への負担が少ないのです。

中央部分には直径31.8mmのカーボンファイバーが巻かれているので、ステムで挟んだ箇所が傷付くことはありません。

幅の違う2種類と、近日中には色付きも

ハンドルバーは現在2種類。22度の角度で全幅760mmの「Gump 760」と、全幅650mmで狭い街中を走る人向けの「Gump 650」が、どちらも350NZドル(約2万6900円)となっています。

ですが、あと数週間すると、赤や青などカラフルなラインナップも登場予定とのこと。ちょっと待って愛車に合わせた色を選んでも良いですね。

Source: YouTube, facebook, Passchier via NEW ATLAS

text by 岡本玄介

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

私たちの世界を広げてくれる自転車。とはいえ、自転車といってもそのタイプはさまざま。みんなどんな自転車に乗って、楽しい毎日を過ごしているのでしょうか。サイクリストの自転車ライフをはじめ、魅力的なショップや便利なアイテムなど、自転車にまつわるあれこれを紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking