mayumine

mayumine

6

充電器、コレひとつにまとめられるかも。

自宅でのリモートワークと、オフィスに出勤のハイブリットワークが定着してきた中、スマートフォン、タブレット、PCの充電器もさまざまな場所で使う機会が増え、小さければ小さいほど良いし、まとめられればまとめられるほど便利ですよね。

ここ数年で充電器も進化し、GaN(窒化ガリウム)テクノロジーが登場してどんどん小型化しています。充電器メーカーとして有名なAnkerの最新の充電器「Anker Nano ll」シリーズは、最新のテクノロジーを詰め込んだ、今の働き方にぴったりな充電器なんです。

Ankar Nano ll 65Wのスペックは?

最大65W出力のUSB-Cポートを搭載した「Anker Nano ll 65W」は、MacBook Pro 13インチ(M1 2020)をわずか2時間20分でフル充電可能な充電器。また⼀般的な5W出⼒の充電器に⽐べiPhone 12を最⼤3倍速く充電できます。

重さは112gで、このパワーにしてはかなり軽量、サイズは約44×42×36mmでコンパクト、お値段は3,990円とうっかりポチれるお値段です。

Anker Nano ll 65W(左)Appleの純正61Wアダプタ(右)

ちなみに、Appleの純正61Wアダプタの重さは200g以上でサイズは75×75×30mm。お値段は7480円。これは、コンパクトさを選ぶならAnkerかな……。「持ち運び用の充電器がほしいな」と思ったら、Ankerを選択した方が使い勝手は良さそうですよね。

USB-Cポートからさまざなガジェットに急速充電できるので、スマホ用、PC用と個別に持ち歩く必要もなし! これひとつで充電器がまとまるのが魅力です。

私も利用していますが、MacBoook Pro、iPad、iPhoneの全てに使え、そして充電速度も速い。充電器は何も悩まずにコレひとつ持って行けばいいので、荷物も軽くなったし充電器の構成に悩む必要もなくなりました。プラグ部分が折り畳めるのもポイント。

充電器のW数の違いは?

モバイルバッテリーやACアダプタには、10W、20W、30W、40W……とさまざまなW数の製品が存在しています。これは扱える電力量を示していて、この数字が大きくなればなるほど充電器のパワーが増します。例えば20Wの充電器よりも、60Wの充電器の方が、より速く充電することができます。

ただし、単純にW数が大きいものを選べば良いというわけではなく、それぞれのデバイス(ラップトップやスマートフォン等)には、電流量の上限値が必ず設定されています

例えばiPhone 12は20Wが上限値なので、65Wの充電器でiPhone 12を充電したところで、最大値の20Wでしか充電されないのです。ちなみに、MacBook Air (M1, 2020)は30W、MacBook Proは60W(13inch)か、100W(16inch)のW数です。

充電器は、一般的にW数が上がるにつれてサイズや重量や増し、価格も上がります。

Image:Anker

65Wも要らないなという人は、同じシリーズの違うワット数の「Anker Nano ll 30W」「Anker Nano II 45W」もあります。

ご自身が利用されているデバイスを確認した上で、適切な充電器を選びましょう!

あわせて読みたい:

mayumine

GIZMODO JAPANの翻訳ライター、旧式ブロガー、著書に「HDR写真魔法のかけ方レシピ」。4歳の娘と0歳の息子と15歳のオカメインコを育ててます。 本業はIT企業のブランディングチーム所属。 趣味は写真、ガジェット、キャンプ、アンチエイジング。今年マンションを購入し、今は快適な部屋空間づくりとスマートホーム化に夢中です。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking