OGMAX

OGMAX

2

いまや2〜3万円台のBluetoothイヤホンには、必ずと言っていいぐらい必須の機能となっているノイズキャンセリング機能。

電車に乗っている時の大きな音が気になる方や、自宅で作業する際に環境音や外の音が気になるなんて方には、1度使ったら手放せなくなる機能! なんて言われたりしていますよね。

私もノイズキャンセリング機能が付いたイヤホンは持っていなかったので、ずっと気になっていたのですが、もう少し手の出しやすい価格で欲しいと思っていたら、正に思い描いていたそのままのイヤホンをAnkerが発売してました!

カラーバリエーションが豊富で悩んじゃう

Anker Soundcore Life P3(ライトブルー) 9,990円(税込)

2021年8⽉12⽇に販売開始された、Ankerの完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Life P3」。

パッケージを開けると早速本体が登場! おぉ、いい色だ。

内容物はこちら。

説明書類にイヤホン本体、充電用のケーブルとサイズの異なるイヤーチップ。

イヤーチップのサイズはXS/S/M/L/XLと用意されていて、元々イヤホンに装着してあるサイズがMサイズです。

イヤーチップの色は本体カラーに合わせてライトブルー。

有線での充電派USBタイプCケーブル。

こういった商品についてくるケーブル類って、割と頼りないものが多い印象なんですが、さすがAnkerしっかりとしたケーブルが付属しています。

何より気に入っているのがこの本体カラー。

定番のブラック、落ち着いた印象のネイビーとオフホワイト、鮮やかなコーラルレッドとライトブルーの5種類あり、ブラックのみ1,000円安い8,990円(税込)で販売されていましたがライトブルーに惹かれてこちらに。

どの色も魅力的で悩んじゃうけど、カラーバリエーションが豊富で好みのものを選べる商品っていいですよね~。

装着感よし! 専用アプリで機能を試してみよう

本体重量はケース込みで約60g。

スライド式ではなく、このようにパカッと開きます。

イヤホンの質感は安っぽさもなく、ケース同様シンプルなデザイン。

見えにくいですがL/R表記は金色の端子部分の間に。

ケースにイヤホンを装着する際は、マグネットでパチッとハマってくれます。

純正イヤーチップの装着感が良く、カナル式イヤホンですが圧迫感は感じません。

遮音性も高く、強いこだわりがなければ、純正のものでサイズを合わせれば快適に使えそうです。

さまざまな機能はsoundcoreの専用アプリから!

ペアリングするとバッテリー残量の確認もアプリからできて、ノイズキャンセリングや外音取り込み、イコライザーなどの機能もこちらから設定することができます。

ゲームモードというゲームアプリ中に低遅延で遊べるようにしてくれる、ゲームアプリが好きな方には嬉しい機能も!

イヤーチップのサイズが合ってるかわからない、という方にはイヤーチップの装着テスト機能があったり。

イヤホン本体をケースに戻し忘れてどこにあるかわからない、なんて時の為のイヤホンを探す機能もついていますが、イヤホン本体からモスキート音のような高音が鳴る、家の中でイヤホンを探すための機能です。

外出先でイヤホンをなくしてしまった! という時にはあまり使えないのでご注意を。

左右どちらにもタッチセンサーが搭載されていて、音量や曲送り、ノイズキャンセリング機能なのはタッチセンサーを操作して使えます。

どのジェスチャーで、どういった機能を使えるようにするか、使いやすくカスタムすることももちろんできますよ。

音はかなり低音強め

音の感想は私の主観が強くなりますが、かなりドンシャリな低音マシマシな音でした。

迫力のある低音、対して高音は正直少し寂しい感じ。

音としてはこもった感じもなく綺麗に聞こえますが、ここは好みが別れるかも。

アプリのイコライザー機能を使って、そのあたりはある程度好きな音色に寄せることはできるので、カスタマイズして使っています。

サウンドのクオリティとしては、価格を考えたらこれだけ綺麗に聞こえるのは本当にすごいなと感動しました。

しっかり効くノイズキャンセリング機能

注目のノイズキャンセリング機能は3種類。

何かに集中したい時や周りの騒音を抑えたい時などに使うには十分な性能です!

外音取り込み機能は声を聞きやすくするか、全体の音を取り込むか選べます。

あまり鮮明ではないけど、ちゃんと言葉は聞き取れるし、機能としては使えるなといった感じでした。

いろいろな機能を試してみたい方に

充電はワイヤレス対応で、3時間ほどで完了します。

満充電時、イヤホン本体のみで最大7時間、ケースからの充電も合わせれば最大35時間使用可能。

カラーバリエーションも多いので好みのものを見つけやすく、機能も盛り沢山でコストパフォーマンス抜群な「AnkerのSoundcore Life P3」。

それぞれの機能がしっかりと実用レベルですが、「この機能はもっとほしいな」や「こことここはこれで十分だな」といった、自分がイヤホンにどの程度のスペックを求めているかが分かります。

ですが、初めての完全ワイヤレスイヤホンや、ノイズキャンセリングを体験してみたいという方にはにピッタリなアイテムですよ。

あわせて読みたい:

OGMAX

写真と映像を撮ってる人です。アウトドア好きなインドア派。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking