まっしろな毛玉

まっしろな毛玉

2

頻繁な手洗いが習慣になった昨今。固形石鹸を使っていてその管理方法に悩まれている方も多いのではないでしょうか。

洗面台に置いてもソープディッシュを使っても、気になるのがそのヌルヌル感。掃除の手間がかかるだけでなく、濡れた石鹸をそのまま放置していつの間にか溶けてしまった……なんてことも。

もっと快適な管理方法があったらな〜。

DULTON マグネティックソープホルダー


DULTON マグネティックソープホルダー828円(税込)(Amazonでの価格)

そんな課題を解決してくれたのがこちら、DULTONのマグネティックソープホルダー

磁石の力で石鹸を浮かすことにより、固形石鹸が抱える様々な課題を解決してくれる優れものです。

毎日の仕様に耐えるタフなデザイン

インダストリアルな雰囲気が格好良いこちらのアイテム。

錆びにくいステンレス製のため、水回りでも安心して使うことができます。

汚れが気になればガシガシ洗っても良いですし、そのまま使い続けても風合いが良い味になってくれそうな気がしますね。

使い方はとっても簡単

本体は磁石のついたメインパーツと石鹸に埋め込む金具パーツとに分かれます。

金具パーツにはこのように反り返しが施されており、石鹸が自重で抜けないようになっています。

細部まで拘った作り込みが嬉しいですね!

使い方は金具パーツを固形石鹸に埋め込むだけ!

埋め込みが浅かったり、石鹸が柔らかかったり小さすぎたりする場合、ヒビが入ったり、抜け落ちてしまうことがあります。

石鹸が乾いていることを確認してから、しっかり深めに埋め込むのがおすすめです。

石鹸が宙に浮いている……!

埋め込まれた金具パーツを本体に近づけるとこのようにガチッとくっつきました

上から見てもこの通り、見事に浮いています!

たったこれだけのことではありますが、設置面がなくなったことによって掃除の手間が減り、濡れた石鹸が素早く乾くため長持ちにも繋がります

管理方法を変えるだけでこんなにいいことがあるなんて……もっと早く出会いたかったな〜!

どこにでも設置できるのが嬉しい

壁側の設置方法は吸盤となっており、平らな面であればどこにでもくっつけることができます

タイルはもちろん、鏡にも。

壁を傷つけることなく好きな場所に設置できるというのがポイントですね。

強力なマグネットが自在な置き方を可能に!

どこにでも設置できるからこそどこに置くかで長いこと迷っていましたが、我が家ではこの場所に落ち着きました。

石鹸が乾きやすく、水が垂れた場合にも洗面台にそのまま落ちるため掃除が本当に楽になりました!

どんな置き方でもズリ落ちない強力な磁石が頼もしいです。

アイデア次第で色々な使い方ができそう

吸盤とマグネットを活かして洗面台以外の場所でも活躍してくれます。

玄関に設置するとついつい無くしがちな鍵の置き場所に。出かける直前で鍵を探すということがなくなりました!

上向きにしてフックのような使い方をすれば、キッチン収納としても活躍してくれます。

意外にもおうちのあちこちで活躍してくれる、DULTONの隠れた逸品なのでした。

DULTON マグネティックソープホルダー[Amazon]

あわせて読みたい:

まっしろな毛玉

まっしろな毛玉

1995年生まれ。平日に文章を書き、週末にコーヒーを焙煎する。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking