ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

4

映画にドラマ、ゲーム、YouTube……。今や“家”と“映像”は、切っても切り離せない存在と言っても過言ではないのでは?

そこでやっぱり気になるのが、大画面で映像を楽しめる「プロジェクター」

今回はROOMIEの人気連載「みんなの部屋」出演者のみなさんの、「プロジェクターのあるおうち時間」をのぞいてみました!

就寝前のホームシアターが至福の時間

清澄白河の1kの部屋

みんなの部屋」より(Photographed by tsubottlee)(以下同)

お名前:井上さん(Instagram
職業:MD(マーチャンダイザー)
場所:清澄白河
広さ:1k/45㎡
使っているプロジェクター:エプソン/EH-TW530

エプソン/EH-TW530を配置している様子

ホワイトキューブのギャラリーような1Kの空間に、プロジェクターの映像を投影している井上さん。プロジェクターの台にもなっている大きな木の壁は、なんと井上さんご自身がDIYでつくりあげたもの。

もともとワンルームだった間取りに緩やかに仕切りが生まれ、ベッドに寝転びながらゆったりホームシアターを楽しめる理想のレイアウトが実現していました。

エプソン/EH-TW530で投影した映像

写真提供:井上さん
映像:YouTube

ベッドに寝転んで、寝る前にネットフリックスを観るときが一番幸せな時間です。

井上さんのお部屋はこちら↓

井上さん愛用のプロジェクターはこちら↓

プロジェクターならリビングの景観を損ねない

市川市の2LDK一軒家のリビング

みんなの部屋」より(Photographed by Kenya Chiba)

お名前:川名部敬介さん、上杉智恵さん(Instagram
職業:ともに百貨店勤務
場所:千葉県市川市
広さ:2LDK/94㎡
使っているプロジェクター:acer/H6530BD

acer/H6530BDを配置した様子

写真提供:川名部さん(以下同)

川名辺さん・上杉さん夫婦が憩いの時間を過ごすリビングで、こだわりのプロダクトに調和しながら佇んでいるプロジェクター。

普段はひっそりと存在感を消しているものの、ふたりのおうち時間において、なくてはならない存在でした。

acer/H6530BDで投影した映像

黒い物体があると違和感が出そうなので、テレビを置くのはやめました。代わりにプロジェクターを採用。これで映画を観たりゲームをしたりしています。

テレビを置かないことでテレビ台も不要になり、部屋が広々感じられるようになったとか。

川名部さん、上杉さんご夫婦のお部屋はこちら↓

川名部さん、上杉さんご夫婦愛用のプロジェクターはこちら↓

家中でホームシアターを楽しむ

川崎市の1LDKの部屋のリビングダイニング

みんなの部屋」より(Photographed by Kaoru Mochida)(以下同)

お名前:T.Aさん、A.Aさん(Instagram
職業:営業職、保育士
場所:神奈川県川崎市
広さ:1LDK/50㎡
使っているプロジェクター:Anker/Nebula Capsule2

Anker/Nebula Capsule2

T.Aさんが自粛期間のときに購入したというプロジェクターは、「昼でもよく映る」とA.Aさんも太鼓判を押すお気に入りの一品。

夜になったら庭にプロジェクターとスクリーンを持って行ったり、リビングや寝室の壁に投影したりと、モバイルタイプならではの使い方を楽しんでいました。

Anker/Nebula Capsule2で投影した映像

写真提供:T.Aさん
映像:YouTube

もちろん映画も観ますが、最近は奥さんが自身でやってるウェディングムービーや、マタニティームービーのYouTubeチャンネルがあるので、今回は最近編集をしていた動画を流しています。

T.Aさん、A.Aさんご夫婦のお部屋はこちら↓

T.Aさん、A.Aさんご夫婦愛用のプロジェクターはこちら↓

特注の大画面で迫力の映像を楽しむ

リビングでプロジェクターを投影する様子

みんなの部屋」より(Photographed by tsubottlee)(以下同)

お名前:鹿熊さん、ご主人(Instagram
職業:UIデザイナー、映像制作
場所:千葉県流山市
広さ:5LDK/110.13㎡
使っているプロジェクター:LG/minibeam

LG/minibeam

旦那さんの仕事が動画制作であることをはじめ、プライベートでも動画制作をされているからこそ、映像の視聴環境にはこだわっているという鹿熊さん。

もともとプロジェクターを投影する大きな壁がなかったため、特注で作った120インチのスクリーンを配置し、ホームシアターを楽しんでいます。

特注の大画面でプロジェクターを投影

写真提供:鹿熊さん
映像:YouTube

「LGのプロジェクターは画質がいいことはもちろん、短焦点でスペースを取らないことが決め手になりました。YAMAHAの5.1chのステレオも設置して、家で動画鑑賞を楽しんでいます」(ご主人)

「動画配信サービスで映画を見たり、YouTubeで好きな動画を見る。また、自分自身が趣味で動画を作成するのでその鑑賞会をします。

リビングのスクリーンの前には大きなソファーがあり、毎晩そこでゆっくりしながら映像鑑賞を楽しんでいます」(鹿熊さん)

鹿熊さんご夫婦のお部屋はこちら↓

鹿熊さんご夫婦愛用のプロジェクターはこちら↓

映像と音楽もインテリアの一部に

リビングでホームシアターを楽しむ様子

写真提供:須山さん
映像:YouTube

お名前:須山さん
職業:建築士
場所:神奈川県川崎市
広さ:1K/24㎡
使っているプロジェクター:不明

1Kの部屋でプロジェクターを投影する様子

みんなの部屋」より(Photographed by tsubottlee)

2020年の取材時から、現在は別の部屋へ引っ越した須山さん。当時から大画面で楽しんでいたプロジェクターは、今でも須山さん宅で大活躍していました。

youtubeで音楽を適当に流すか、アマプラでアニメ、映画を見ることが多いです。早起きした午前中や、夜お酒を飲みながら見ます。

お客さんが来たときは、BGM的に映画とかなにかの動画をずっと流してたりします。

須山さんのお部屋はこちら↓

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

北欧、ストリート、DIY、アウトドア。リアルでさまざまな「暮らしのあり方」にフォーカスすることで、「自分にとって、一番いい暮らし」を探っていく…。連載「みんなの部屋」はスタイルを探求する旅です。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking