かくれい

かくれい

9

これまで、電源タップの生活感は仕方ないものだと思っていました。

でもおうち時間が長くなるにつれついに我慢できなくなり、あちこちの電源タップを比較しまくるように。

そしてついに、これじゃなきゃやだな~と思える「指名買いタップ」を見つけました!

生活感を出さずに電源を用意できるんだ


エレコム コンパクト10口タップ(一括スイッチ・磁石付)ECT-15 3m 2,173円(税込)

それがエレコムのコンパクト10口タップ(一括スイッチ・磁石付)ECT-15

このタップの一番気に入っている部分が、思い通りの場所に存在感なく置けること!

秘密は、背面の超強力な磁石にあります。

例えば、テーブルの足に貼り付ければカフェのような快適さに!

見えにくい場所に設置できるので、生活感をぐっと抑えることができます。

ノートパソコンや携帯を充電しながら使いたいときに丁度いいです。

在宅ワーク時に無印の折りたたみテーブルを使っているんですが、折りたたみテーブルの細い支えでもくっつきます。

抜き差しも気軽にできるくらいしっかり設置できるので、かなり重宝しています。

細い支えにすらくっついてくれる強力さなので、もちろんスチールラックに貼り付けることもできちゃいます。

使うギリギリまで充電しておきたい、カメラ周りやアウトドアアイテムにぴったり。

充電器につないだまま、スチールラックに収納することができます。

タップを棚の裏面にくっつければ、更に存在感が薄まり場所も取らなくなって快適です。

見えにくいところにしっかり設置することができ、生活感がしっかり抑えられました!

「側面」に挿せるからごちゃごちゃしない!

すごいのは磁石だけじゃありません。いろんなところに工夫が詰まっています。

ありがたいのが、差込口の絶妙な配置。

普通のタップは上面にのみ差込口がありますが、これは上面と側面に差込口があります。

そのおかげで、同じエレコムの10口タップよりも16cmも短いコンパクトな設計に。

こちらは、今まで使っていた上面にしか挿せない電源タップ。

使い勝手も悪いし、隣のアダプターと干渉するしで窮屈……。

ところがエレコムのこれで側面の差込口を活用すれば、こんなにもスッキリした印象に!

頻繁に差し替えするものは上面、いつもさしてあるものは側面にさすことで、目当てのアダプターがすぐにわかるようになり使い勝手も大幅に改善しました。

元の白いタップとサイズは同じくらいですが、口数が増えたので余裕もできました。

丁度いい幅で差し込みが楽になった

差込口の幅も普通のものより少し広め。

おかげで、アダプターが大きいもの同士でも干渉しにくいんです。

二箇所は他の差込口から大きく離れているので、さらに大きなアダプターをさしたいときはここを選べばすべての差込口を活用することができます。

コンセントから機器まで全部守ってくれるよ

使い勝手に加えて、安全で信頼できる作りも気に入っています。

スイングプラグなので、コンセントからすぐに壁に沿わせることができて見た目がスッキリするし、引っ掛けて抜けるリスクも軽減してくれます。

プラグの根本はトラッキング防止の絶縁キャップつき。ホコリが入って火事になるのを防いでくれます。

差込口もほこり防止シャッター付きで、差していないときも安心。

熱硬化性樹脂で作られていて、万が一のときも溶けにくいのだとか。

スイッチがあるので、つけっぱなしが怖い家電類をつないでおけば、外出時に一括でオフにできます。

つないだ機械を守る雷ガードまでついています。いたれりつくせり!

コンセントから機器まで全部を守ってくれるので、安心して使うことができるんです。

良くないところをさがすと…

こんなにもメリットだらけなエレコムの電源タップ。

強いて言えば、磁石をくっつけておけないときにパソコンなどの精密機器の近くに磁石が触れてしまう可能性があるのがちょっと不安です。

磁石が使えない場所のときは、同じシリーズの吊り下げパーツ付きのモデルがぴったりかもしれません!

見えていても格好良い

タップ本体を見えづらいところに設置することで生活感をぐっと減らせるこちらのアイテム。

しかしながら、出しておいても他のタップよりはスッキリした印象になるデザインです。

ホワイトとブラックの2色があるので、設置場所に合わせて色を選べばより格好良い!

3m版が実勢価格2400円前後、5m版2600円と高くないので、電源が必要な場所の数だけ気軽に買い増しできます。

エレコムの10口タップのおかげで、延長タップ周りの悩みがすっきり解決しちゃいました!

エレコム コンパクト10口タップ(一括スイッチ・磁石付)ECT-15[Amazon]

あわせて読みたい:

かくれい

最近庭のシソが実をつけました。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking