ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

10

暑さも引いてきて、小さいお子さんともいっしょにキャンプを楽しめる季節に。

アウトドアの火といえば、バーナーや炭火ですが、どうしても火の扱いには気を使いたくて……。

こっちで十分かも。タフまるのJr.

Iwatani 「カセットフー タフまるJr.」

イワタニ 「カセットフー タフまるJr.」 10,480円 (税込)

結局カセットコンロが便利なのかも思っていたところ見つけたのが、イワタニの「カセットコンロ タフまる」のコンパクトバージョン

Iwatani 「カセットフー タフまるJr.」

タフまるは家庭用のカセットコンロとほぼ同じくらいのサイズ感ですが、それを約60%小型化したのが「タフまるJr.です。

機能はほぼそのまま、サイズが小さくなっただけ。大人2人・2歳児1人のわが家は「タフまるJr.」で十分でした!

夜も朝も大活躍

Iwatani 「カセットフー タフまるJr.」

さっそくキャンプに持って行って使ってみました。(ちなみに子どもが生まれてから初のキャンプで、ドキドキ)

飛び出ますが、一般的なサイズのカセットガスが使用可能です。

夜のメインはスペアリブ。

Iwatani 「カセットフー タフまるJr.」

タレに漬け込んでおいたものを、スキレットで……と言いたいところですが、100均で買ったフライパンでジュージューと焼きます。

Iwatani 「カセットフー タフまるJr.」

外側と内側にある2段階になったダブル風防ユニットで、しっかり風を遮ってくれるため、安定した火力をキープ。

ただ風を遮るだけでなく、炎の燃焼に必要な空気は内側風防の下から引き込んでくれているそう。さすが!

Iwatani 「カセットフー タフまるJr.」

そういえばわが家の鍋類は小さめサイズのものばかり。「タフまるJr.」が最適な予感です。

Iwatani 「カセットフー タフまるJr.」

朝は定番のソーセージエッグ。外で食べるといつものメニューも格別です。

こちらも、何のストレスもなし。家で料理するのと同じような感覚で作業できるのもカセットコンロの魅力。

ダッチオーブンは8インチまで

Iwatani 「カセットフー タフまるJr.」

タフまると「タフまるJr.」の主な違いは、耐荷重。

タフまるは20kgまで大丈夫ですが、タフまるJr.」は10kgまで。そしてダッチオーブンは小さめの8インチまで使えます。

ということで、後日8インチのダッチオーブンを購入してみました。

一見小さいですが家でよく使うストウブの鍋とほぼ同じくらいのサイズ感だし、実は使い勝手よさそう。

ダッチオーブン×「タフまるJr.」のコンビを早く試してみたくてウズウズしております。

Iwatani 「カセットフー タフまるJr.」

こんろには専用ケース付きで、収納や持ち運びにも便利。

このケース、家用のカセットコンロにも付けて欲しいな〜。

残念なところ:大人数料理はまかなえない

Iwatani 「カセットフー タフまるJr.」

使える鍋は、上面の内径が20cm以下のもの。

当然、大人数の料理は難しいです。

しかしそんな大人数キャンプでも、メイン料理は炭火にお任せしてサブメニューはこれで作る……など、この手軽さは何かと使えるはず。

子連れキャンプが快適に

Iwatani 「カセットフー タフまるJr.」

今回行ってわかったのが、子どもの相手をしながらだと料理にもなかなか凝っていられないこと。

手間も時間もかけずにサッと作れて、後片付けも簡単な「タフまるJr.」にかなり助けられました。

これがなかったらと思うと、ゾッとするくらい……。

Iwatani 「カセットフー タフまるJr.」

あ〜おいしかった! またすぐにキャンプに行きたくなっちゃいました。

Iwatani カセットフー タフまるJr.[楽天市場]

※本記事は2020年10月6日の記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by sato

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

荷物は最小限に。肩の力を抜いて、足取り軽く爽やかに街中を歩きたい。そんな「ちょうどいい」スタイルをご紹介。思い切って身軽にすれば、ほら、いつもの景色も違って見えてくるかも!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking