covacova.

covacova.

1

暑さのピークは少し落ち着いてきたとはいえ、まだまだ蒸し暑い日が続いてますね。

そんなときはジョッキに注がれた泡いっぱいの生ビールをゴクリと飲むのが格別なんですが、今ではお店で飲む訳にもいかず家でひっそり缶ビールで我慢してるのが現実。

家でも生ビールみたいなフワフワ泡のビールを飲みたい……、そんなわがままを叶えてくれるアイデアグッズがあるんです。

缶ビール1本で完成するビアサーバー

グリーンハウス 「ハンディビアサーバー」

グリーンハウス 「ハンディビアサーバー」 2,981円(税込)

缶ビールを装着するだけでかんたんに家庭用ビアサーバーを実現してくれる、グリーンハウスの「ハンディビアサーバー

これを使ってビールを注ぐとフワッフワの泡を作ってくれるから、ただの缶ビールがお店で飲むビールにランクアップしたような気分になれます。

これと缶ビール、おつまみを持ち出して庭で涼みながら1杯……っていうのが最近のマイブーム。

グリーンハウス 「ハンディビアサーバー」をビールに装着

容量に関係なく、世に出ている一般的な缶ビールであればほとんどが装着可能ですよ。

「自分は500mlサイズしか飲まない!」って人でも大丈夫です(笑)。

グリーンハウス 「ハンディビアサーバー」にビールをはめ込む

装着はプルタブを開けて、缶のトップを「ハンディビアサーバー」にカチッとはめ込むだけの2ステップ。

ものの数秒でビアサーバーのできあがり。缶ビールを冷蔵庫から出してグラスに注ぐ前に取り付けられる手軽さです。

誰でもかんたんに泡を注げる

グリーンハウス 「ハンディビアサーバー」を使ってビールを注ぐ

単4の乾電池2本を装着して取っ手にあるボタンを押すと、注ぎ口付近のパーツが1秒間に4万回も振動する仕組み。

その振動が細かな泡を作り出してくれるってわけなんです。注ぎ足すときにもう1度泡を作れるところなんか、かなりいいと思いました。

万が一押さずに注ぐと缶ビールと同じ泡になっちゃうので、必ず押しながら注いでくださいね。

グリーンハウス 「ハンディビアサーバー」で注いだ泡との比較

違いはこんな感じ。左が缶ビールから直接注いだ泡、右が「ハンディビアサーバー」で注いだ泡。缶ビールの泡より、細かい泡でよりおいしそうでしょ?

缶ビールから直接注いだ場合は泡の持ちも悪く、すぐに消えてしまうんですよね。これだけ差があるんだな〜と思いました。

気になるところ:空の状態は要注意

グリーンハウス 「ハンディビアサーバー」を装着して、倒れそうな空のビール

パーツはほとんどが樹脂製なので、落としたりぶつけたりすると破損しやすそう。

あと、缶が空になると、上部の方が重くなって倒れやすくなるのも気になりましたね。

空になったらさっさと缶を外した方が破損・故障防止になりそうです。特に空の500ml缶は転倒要注意ですよ~。

ノンアル派にもオススメ

グリーンハウス 「ハンディビアサーバー」でノンアルビールを注いだ様子

最近はノンアルコール派の方も多いと思いますが安心してください。ノンアルでも綺麗な泡を作れますから。

何ならノンアルコールビールの方が写真のようにキレイな泡になりやすかったような気も……(笑)。

キレイな泡を注いで飲めば、よりビールに近い雰囲気を味わえるのでノンアル派にもオススメしちゃいます。

3,000円程で手に入る「ハンディビアサーバー」。ビール好きな人には喜ばれるアイテムだと思うので、敬老の日のプレゼントにも最適だと思いますよ!

あわせて読みたい:

covacova.

夏生まれのくせに冬が大好きな自由人。山が白く染まってくるとソワソワして、爆弾低気圧や冬将軍という言葉に過敏に反応するアレルギー持ちのため、定期的に雪山で治療が必要です。 最近はファインダーを通して見える世界に引き込まれてしまったため、アレルギー治療と写活のために北の大地への移住を計画中。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking