Étoile

Étoile

3

スーパーのヨーグルトコーナーの隅にひっそりと置かれている豆乳ヨーグルト

高たんぱく質、フレーバー付き、無脂肪……となにかと賑やかなヨーグルト界ですが、豆乳ヨーグルトだけは時が止まったようにいつも一種類のみで、その一途さにささやかな好感を抱いていました。

“目が合うだけ”に終止符を打つチャンスが巡ってきたのは、定期購入しているヨーグルトを思いのほか早く食べ切ってしまったある日。嬉々としてスーパーに出かけ、さまざまなレシピを試してみました

密かに人気な「豆乳グルト」

マルサンアイ 「豆乳グルト プレーンタイプ 400g」

マルサンアイ 「豆乳グルト プレーンタイプ 400g」 250円

隠れた人気商品らしく、夕方に行くと売り切れていることも多い「豆乳グルト」。販売しているのは調整/無調整豆乳やみそを製造しているマルサンアイです。

容量は一般的な大型ヨーグルトカップと同じ400gで、たっぷり2日は楽しめそう。

マルサンアイ 「豆乳グルト」原材料

原材料は見事に“豆乳”のみ!

わが家ではしばらく前から牛乳の代わりに豆乳を飲んでいますが、その豆乳が固まってヨーグルト状になっているなんて、それもたっぷり400gも容器に詰まっているなんて。未知の味に期待が高まります。

色比べ・テクスチャー比べ

マルサンアイ「豆乳グルト」の色

蓋を開けてみると、ふつうのヨーグルトより少しクリーム色がかった、昔ながらのお豆腐のような優しい色合いの豆乳グルトが姿を見せました。

マルサンアイ「豆乳グルト」のテクスチャー比較

はやる気持ちを抑えて、まずは通常のヨーグルトと比べてみました。右のヨーグルト(今回はジャージーヨーグルト)のほうがより白く、より硬いのが写真から伝わるでしょうか。豆乳ヨーグルトのほうはフニャリとお皿に溶けていきます

プレーンのまま食べてみますと、とろりとした食感が喉に気持ちよく、大豆の香りをふわりと感じました。どことなく和の味わいで黄な粉や黒蜜などととても相性がよさそうですが、それほど大豆の主張が強いわけでもないのでメープルシロップなどの洋風シロップにもマッチしそうです。なにもかけずとも大豆のやさしい甘みを感じることができました。

レシピのアイデア

豆乳ヨーグルトの贅沢サンデー

マルサンアイ「豆乳グルト」で作ったサンデー

はじめに、シンプルながら大好きな食べ方を。

豆乳グルトの上にドライフルーツやフレッシュフルーツ、ナッツなどを次々とトッピングしていき、メープルシロップをかけたら気軽なサンデー風デザートの完成です。豆乳グルトを水切りするとより濃厚な口当たりとなり、贅沢感が増しますよ。

バナナに豆乳グルトとメープルをよく絡ませていただくと格別のおいしさです。デザートと言わずヘルシーな朝食にもなってくれそう。

豆乳グルトのはちみつゼリー

マルサンアイ「豆乳グルト」でつくったはちみつゼリー

豆乳グルトにはちみつと溶かしたゼラチンを混ぜ込んでゼリーを作ってみたところ、驚くほど簡単なのに驚くほどおいしくできました! たった3つの材料ですのに複雑な味わいを感じるのは、大豆の味の奥深さのおかげでしょうか。

通常のプレーンヨーグルトに比べて低カロリーかつ低糖質であるという豆乳グルト。いつでも冷蔵庫にアクセスが可能なリモートワーク日、危険な食欲に立ち向かうのにぴったりのデザートではないでしょうか。

まろやカレー

マルサンアイ「豆乳グルト」を使ったカレー

おしまいに、マルサンアイのウェブサイトで見つけたレシピを元にカレーライスに挑戦してみました。

大さじ3-4杯ほどの豆乳グルトを隠し味として加えることで、まろやかでクリーミーな口当たりになります。辛さもほどよく和らぎますので、辛いものを控えている方やお子さんにもうってつけだと思います。

おいしさだけじゃない

マルサンアイ「豆乳グルト」

いつものヨーグルトと肩を並べるほどのおいしさを提供してくれた豆乳グルト。

植物由来の乳酸菌「TUA4408L」が含まれていて、血中総コレステロール濃度が低下したり、肝臓への脂質蓄積が抑制されるという研究も報告されているのだそうです。また、風邪をひきやすい離乳期のブタに一定量の豆乳グルトを与えたところ、感染症の羅患率が有意に低下したという研究結果も出ているそう。

免疫力アップを常に意識していたい昨今、聞き捨てならない情報です。つかのまの楽しみにせず、切り替えも視野に入れたくなってしまいました。

参考:マルサンアイ公式ページ

あわせて読みたい:

Étoile

大きなイベントごとを常に発生させ続けるのは難しいけれど、日々の生活に小さな幸せを見いだすことで、日常にスパイスをかけることはできる。ちょっとした緑を見つけては愛でたり、物語のある雑貨を手にしたり、気持ちのいいものを身につけたり、そんなことを大切にしていきたいと思っています。一番好きなスパイスはシナモン。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking