ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

最近ではストローを廃止しているお店もちらほら見かけるようになり、そろそるマイストローを持参し始めようと思っていたところ。

が、あのほっそい管をきれいに洗うのって、難しいのでは?と、なかなか踏み出せずにいました。

今回紹介するこちらのストローであれば、洗いにくいという理由で持ち歩きたくなることはなさそうです。

捨てないストロー!


SUTENAI シリコンストロー 990円(Amazonでの価格)

それが、SUTENAIという名前のこのストロー。その名の通り、捨てずに繰り返し使えるストローです。

シリコンでできていて、くねくね曲がります。ここが大活躍するポイント!

ペットボトルがストロー付きに!

ストロー ペットボトルに入れている様子

コンビニなどでもらえるストローだと、一回入れたら蓋が閉められないので不便でしたよね……。

SUTENAIがあれば、いつものペットボトルもストローボトルに早変わり。

ストローの上からキャップ①

ストローの上からキャップ②

蓋でそっと押せば、SUTENAIがくにゅっとまがって綺麗に中へ収納できます。

キャップを外したところ

蓋をはずせば、持ち前の伸縮性でニュッと出てきてくれるので、ゆびを突っ込む必要もありません。

なんて便利なんだ!

背の低い水筒でも同じことができるので、手持ちの水筒をストローつきに変えちゃうこともできます。

ストローのおかげでお化粧をしている時や作業中なども積極的に水分補給しやすくなって、良い熱中症対策に。

いつものスポンジで洗えるよ

ストロー開いたところ

ストロー洗っているところ

SUTENAIのさらにすごいところは、ぱかっとあくところ。

普通の洗えるストローは専用の細いブラシが必要ですが、この形状のおかげでいつものスポンジで洗えちゃうんです!

食洗機にも対応しています。わかってらっしゃる……。

簡単に衛生的に保てるから、普段遣いのハードルをぐっと下げてくれます。

キャンプやアウトドアでも活躍するね

ストロー 自宅で使っているところ

いつものスポンジで洗えるので、物を増やしたくないアウトドアでも活躍しそう!

色もピンク・白・黄色の3色あるので、色ごとで誰のコップかすぐに見分けることだってできちゃいます。

曲げるときは開く部分が内側に来るように

ストロー 留めているところ①

ストロー 留めているところ②

曲げて使うときは継ぎ目が内側に来るように曲げると途中で開かずに済みます。

一回開くと指でぷにぷに繋げないといけないので、そこだけ気をつけると快適に使えます!

勿論きちんと繋がっていれば、変なところから漏れることもありません。

便利でエコなのが嬉しいね!

ストローとペットボトル

ストローとコップ

プラストローを使わないことが主流になってきている中、便利につかえるSUTENAIがあれば気軽にエコに貢献できるのもちょっと嬉しい!

しかも3本で1000円くらいとお財布にも優しいです。

色もかわいいので、おうちでいつものコップに入れて使えばちょっと華やかな気分に。

飲み物を頻繁に飲むこれからの季節を、外でもお家でも快適にしてくれるアイテムになってくれそうです。

SUTENAI(ステナイ)シリコンストロー MIX 3本セット [Amazon]

※本記事は2020年7月23日の記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by かくれい

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking