三間 有紗

三間 有紗

1

クレンジングが面倒な私は、使い心地のよさそうなクレンジングアイテムを見かけると、ついつい興味を惹かれます。

雑誌でよく見かけるink.のクレンジングバームもその一つ。

プチプラなうえに評判がいいので、使い心地を確かめてみることにしました。

とろけるクレンジングバーム

ink. クレンジングバーム(クレイ)

ink. クレンジングバーム(クレイ) 1,200円(税込) ※Amazon価格

ink.のクレンジングバームには、毛穴レス成分「バイオべネフィティ」が配合されていて、ひとつで5つの毛穴ケアができるのだとか。

毛穴の黒ずみ
詰まり毛穴
開き毛穴
メラニン毛穴
たるみ毛穴

そのうえ、8%の高濃度ホホバオイルや高保湿成分も配合されているため、汚れを落としながらも、潤いある素肌に導いてくれるそう。

ink. クレンジングバーム(クレイ)

無香料やラベンダー、ローズなどラインナップが豊富ですが、今回私が選んだのは、クレイ配合のタイプ。

レッドクレイやマテラパウダーなどの天然クレイが、汚れを吸着してくれるそうです。

W洗顔不要で、時短になるのも嬉しいポイント!

生チョコのようにとろけていく感覚

ink. クレンジングバーム(クレイ)

一回の使用量は、専用スパチュラで山盛り一杯程度。

スパチュラは蓋裏にしまえるようになっていて、便利です。

ink. クレンジングバーム(クレイ)

乾いた手にとって広げていくと、

ink. クレンジングバーム(クレイ)

体温で柔らかくなって、とろけていきます

ホームページに「生チョコのように溶けていく」と記載されていましたが、確かにこれは、生チョコのようです。

クレイ配合なので、ザラザラしているのかなと予想していたのですが、意外に滑らかで肌当たりがいい~

肌に馴染ませるごとにリラックスできます。

ink. クレンジングバーム(クレイ)

洗い上がりの肌は、個人差はあると思いますが、オイルを塗ったようにモチモチとした感じ。

今まで試してきたクレンジングアイテムの中でも、特に潤いが感じられました。

ただ、すすぎが甘いと、肌にヌルヌル感が残る気がしたので、しっかりと洗い流すことがポイントかと思います。

ティントリップがみるみる溶けていく

ink. クレンジングバーム(クレイ)

肝心の洗浄力はどうなのか。

試してみたところ、

ink. クレンジングバーム(クレイ)

バームを乗せた瞬間からティントリップやアイシャドウが溶けていき、

ink. クレンジングバーム(クレイ)

あっさり落ちていきました。

今まで、ティントリップが落ちづらいことに悩んでいたので、衝撃的でした。

ink. クレンジングバーム(クレイ)

一方で、アイラインは落ちづらいと感じました。

最終的にはぬるま湯で落ちましたが、じっくりと馴染ませた方が良さそうです。

一週間使ってみて……

ink. クレンジングバーム(クレイ)

私の場合、おでこや小鼻まわりの毛穴汚れが、少し薄まったかな……?という印象を受けました。

気のせいか、顔全体のトーンが少し明るくなったようにも感じられます。

毛穴の大きさは、う〜ん、まだわかりません。

ただ、毛穴がたるんだり、開いたりしている感覚がないので、期待したいものです。

ink. クレンジングバーム(クレイ)

この使用感でこの価格なら、コスパ抜群

肌の上でトロける感覚が心地よく、面倒なメイクオフも楽しみになりました。

これからは、ink.のクレンジングバームで、気持ちよくメイクを落としながら、毛穴ケアをしていきたいものです。

あわせて読みたい:

三間 有紗

フリーライター。ライフスタイルやアート、ビジネスなどの分野でコラム・インタビュー記事を執筆しています。趣味はレザークラフトとDIY。

feature

日本は四季折々が豊かな気候ですが、一方で季節ごとに肌ダメージに悩み、振り回されがち。ちょっとでもケアをサボると、一気にご機嫌を損ねてしまいます。そこで本特集では、ROOMIEが見出したスキンケアアイテムなどを中心に「お肌をいたわる」ためのあれこれをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking