きむ(ら)

きむ(ら)

2

私は昔から朝起きるのが本当に苦手で、朝の時間に目覚ましをかけていたのに気がついたら昼過ぎだった……みたいなことが何度もありました。

そう、この目覚まし時計を使い始めるまでは……

自分史上、最強の目覚まし時計

SEIKOのアラームを並べた様子

左から:SEIKO 「NR523W」 7,700円(税込) 「NR522W」(※販売終了品) 「NR537W」 3,300円(税込)

朝に弱い私が何度か買い替えながら20年近く使っているのが、セイコーのライデンシリーズなんです。

昔はこの3台の他にもう1台使っていたので、合計4台ものライデンのお世話になっています。

とにかく爆音

NR523W

この目覚まし時計最大の特徴は、とにかく音が大きいこと。

特に「NR523W」は大きなベルが2つ付いており、見た目から既にうるさい。とにかく、ボリュームが大きいんです!

このアラームが鳴ると、「早く止めないと家族を起こしちゃう!」という気持ちも合わさって、すぐに起きられます。

NR537W

ちなみにこちらの「NR537W」はインパクトのあるベルは付いていません。

ただ、ライデンシリーズなだけあって、スマホと比べたらアラームのボリュームはかなり大きめなので、ご安心を。

音量調整もできます

NR523Wのボリュームつまみ

なお、ベルの付いている「NR523W」は3段階にボリューム調整できます。

普通は「MAX」となるところが、この目覚まし時計は「SUPER」となっているところが笑えます。

漫画「ワンピース」のキャラクター、フランキーが好きそうな感じがしますね(笑)。

NR537W

「NR537W」はMAXとMINの2段階で設定できます。

残念なところ:さすがに、ボリュームが大きすぎる

スーパーライデンのロゴ

先ほども書きましたが、この目覚まし時計はアラームのボリュームが大きいので、他の部屋にもかなり響いてしまいます。音が大きいことが魅力の商品ですが、ある種それはデメリットにもなり得るといった感じでしょうか。

対策として、私は寝室にライデンを2つ置いています。1つはMINでセット、2つ目は少し遅れてSUPERでセット。

基本的にはMINでセットした方で起きられることが多いのですが、それでもダメなときにはSUPERボリュームでベルが鳴り響き、確実に起きられます。

ただ、本当にうるさいので、部屋によっては近所迷惑にならないよう配慮が必要かもしれません……。

どれを買っても間違いなし

大音量が特徴のライデンシリーズ。20年近く使ってきましたが、どれも本当にうるさいです。(いい意味で)

ちなみに私は持っていませんが、更に大音量のウルトラモードを搭載した「CQ141Sもありますよ。

朝起きるのが絶望的に苦手な方は、こちらをチェックしてみてくださいね!

あわせて読みたい:

きむ(ら)

ICT企業に勤めるサラリーマン 兼 4歳児&1歳児(共に娘)の父親 兼 けん玉チーム「damassy」のメンバー。 趣味は旅行とカメラとけん玉。

special

夏の寝苦しい夜をはじめ「眠り」に振り回されることって、結構ありがちです。特に寝不足は、毎日の暮らしのすべての楽しみを奪うと言っても過言ではありません。そこで本特集では、睡眠のストレスを解消するプロダクトやヒントになるコンテンツを随時発信します。「たのしい眠り」を実践して乗り切りましょう!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking