sato

sato

2

キャンプには、必須アイテムとなくてもどうにかなるアイテムがあります。

今回ご紹介するのは、後者のほう。

しかし、コレを投入するだけでキャンプテーブルの景色がずいぶん変わりますよ。

ウェットティッシュケースの生活感をゼロに

HALF TRACK PRODUCTS×EKAL 「wet tissue cover」

HALF TRACK PRODUCTS×EKAL 「wet tissue cover」 4,950円(税込)

キャンプに欠かせないアイテムのひとつがウェットティッシュではないでしょうか。

食器や調理器具の洗いに行くほどでもない汚れを拭いたり、口や手を拭いたり、特に食事まわりで大活躍。

うっかり忘れたら途中のコンビニで買うくらい、ないと困るアイテムです。

ウェットティッシュ

テーブルの中心にドンと置いてあることも多いのですが、残念ながら漂ってしまう生活感

カバーを付ければいいんだろうな〜と思ってはいたものの、放置すること数年。この度やっと購入しました。

気になるものが視界に入らないというのは、思った以上に気分がいいですよ。

巻きつけるだけでOK

HALF TRACK PRODUCTS×EKAL 「wet tissue cover」を広げた様子

素材は綿100%のヘビーウェイトOX。長方形の本体にポケットが付いたシンプルな造りです。

今回持っていったウェットティッシュはおとなしめのパッケージでしたが、真っ白でツルッとしているものはテントサイトでかなり目立ちます。

HALF TRACK PRODUCTS×EKAL 「wet tissue cover」ウェットティッシュに巻く

が、こんな風にウェットティッシュティッシュカバーを巻いてベルクロで留めるだけで、

HALF TRACK PRODUCTS×EKAL 「wet tissue cover」を巻いたウェットティッシュ

一気にテーブル周りの風景になじみました。

HALF TRACK PRODUCTS×EKAL 「wet tissue cover」を吊るす

サイドにはDカン付きで、紐で好きな場所に吊るすこともできます。

販売サイトでは、車のヘッドレストにかけるという使い方にも触れていました。

HALF TRACK PRODUCTS×EKAL 「wet tissue cover」の底

底がベルクロで留められる仕様なので、吊り下げても中身が落ちることはありません。

キャンプご飯に映り込んでもOK

HALF TRACK PRODUCTS×EKAL 「wet tissue cover」

ポケットも付いていますが、使い道はまだ模索中。

いまのところ食事中に置き場に悩むカトラリーケースを入れているくらいです。

HALF TRACK PRODUCTS×EKAL 「wet tissue cover」

実際はテーブルの上にいつものように置いているだけで、ウェットティッシュの使いやすさはアップするでもダウンするでもなくそのまま。

要はウェットティッシュのカバーが主な役目になります。

HALF TRACK PRODUCTS×EKAL 「wet tissue cover」

たかが見た目ですが、思った以上に大事。

キャンプご飯を撮ったら後ろにあの白くてツルツルなパッケージが写り込んでいて、ちょっと残念……なんてことも、もうありません。

残念なところ:用途を考えるとちょっと高い

HALF TRACK PRODUCTS×EKAL 「wet tissue cover」

価格は税込み4,950円

キャンプギアなら、ランタンなども普通に買えてしまいます。

見た目をカバーするだけでこの価格は、ちょっと高いかもしれませんね。

これなら家でも使えちゃうかも

HALF TRACK PRODUCTS×EKAL 「wet tissue cover」

キャンプアイテムはだいたい揃ったかなと思っていたのですが、こんな盲点があったとは。

もうひとつの部屋をつくるような気分で細かいアイテムまでこだわる、これもキャンプの醍醐味かもしれませんね。

HALF TRACK PRODUCTS×EKAL 「wet tissue cover」をドアノブに引っ掛ける

また、キャンプ以上にアイテムひとつひとつの見た目が気になってしまうのが、家の中。

いくら便利だからといって、このタイプのウェットティッシュを家の中に置くことは考えたことがなかったのですが、カバー付きならありかもしれないな〜と思うこの頃でした。

HALF TRACK PRODUCTS×EKAL wet tissue cover [URBAN RESEARCH]

あわせて読みたい:

sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking