門岡 明弥

門岡 明弥

14

ペット用品の生活感、みなさんどうやって撃退していますか?

僕は以前紹介した山崎実業のエサ台のおかげで、ずいぶんスタイリッシュな空間に近づけることができました。

でも、猫用おもちゃやダンボールの爪とぎが部屋にあると、どうしても生活感が出てしまう……。

山崎実業の猫アイテム

山崎実業 「tower 猫の爪とぎケース」に近寄る猫

山崎実業 「tower 猫の爪とぎケース」 2,860円(税込)

実は、山崎実業にはエサ台以外のペット用品が販売されていました。それがこちらの「tower 猫の爪とぎケース」。

真っ白なシンプルデザインで、パッと見ではどのように使うかわからない感じ。全体から山崎実業っぽさを感じさせられる見た目ですね。

山崎実業 「tower 猫の爪とぎケース」とダンボールの爪とぎ

頭が外れるようになっているため、これを外したあとに市販の爪とぎを入れたらOKです。

あくまでケースなので、爪とぎは付属せずでした。近所のスーパーなどで買ってきましょう。

ダンボールの爪とぎを中に入れたあとの山崎実業 「tower 猫の爪とぎケース」

ダンボールの爪とぎは部屋にそのまま置いてるととにかく生活感満載。もともと爪とぎについていたケースも、変にカラフルで悪目立ちするようなデザインだったんですよね……。

でも、ケースに入れたらこの通り。一気にスタイリッシュな見た目になりました。

床を滑らない

山崎実業 「tower 猫の爪とぎケース」で爪を研ぐ猫

わが家のももちゃんは、少し助走を付けてから爪とぎの上に飛び乗ります。

本体はスチール製で、重量1kg。持ってみるとずっしり感があります。

でもそのおかげで、猫が飛び乗ったり、勢いよく爪を研いだりしてもびくともしません。爪とぎの上に飛び乗っても、ザザーッてならない。

滑ってるところを見るのもなんだか微笑ましかったところではありますが、安定感がある爪とぎの方が猫にとってもストレスはないのではないか?と思うのです。

爪を研ぐ猫

本体下部には4箇所に滑り止めがついており、床を傷つける心配もなし。フローリングでも安心。

壁に設置することもできる

山崎実業 「tower 猫の爪とぎケース」

ケースに空いている2箇所の穴は、ネジを使って壁に引っ掛ける用の穴

地面に置くだけでなく、壁に掛けて使うこともできるので、省スペース的にも◎です。

賃貸だと壁に直接取り付けるのは難しいかもしれませんが、ラブリコで作った棚に取り付ける……なんて使い方であれば問題ナシ!

山崎実業 「tower 猫の爪とぎケース」に乗る猫

ただデザインがいいだけでなく、機能性もきちんと考えられているあたり、「さすが山崎実業!」と今回も感心しました。

エサ台爪とぎケース。この2つを揃えただけで、ペット用品の生活感をグッと抑えられたので、猫と一緒に暮らす方はぜひ使ってみてくださいね。

あわせて読みたい:

門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking