osio

osio

1

なかなか外に出られない今、「普段出会えないもの」に出会えるサブスクにハマっています。

テレワーク中の休憩時間にほっと一息つけるといいな。

そんな想いで始めた「お茶のサブスク」が、想像以上に良かったのです!

ワンコインで手に入れる「丁寧な時間」


TOKYO TEA JOURNAL 500円(税込)/月

お茶の定期便「TOKYO TEA JOURNAL」は、月額500円でお茶が届くサービス。

銀座のシングルオリジン煎茶専門店「煎茶堂東京」から、毎月2種類のお茶が届きます。

実際に届くセット内容はこんな感じ!

ぺりぺりとミシン目を開くと、2種類のお茶が梱包されています。

今月は「ジュニパーベリーティー(ジュニパーベリーとのブレンドティー)」と「やぶきた 臼杵(日本茶の代表的な品種)」の2種類でした。

季節に合わせてブレンドティーも届くので、飽きずに続けられるのも魅力です。

丁寧に淹れ方を教えてくれるから初心者も安心

日本茶を生活に取り入れてみたいけど、お茶の淹れ方ってよく知らないなぁ……という、私みたいな初心者さんでも大丈夫。

毎月一緒に届く「情報誌」に、丁寧にお茶の淹れ方(レシピ)が掲載されているんです。

届いたお茶の話、一緒に合わせるとおいしい食べ物、そして淹れ方を見開きで網羅しています。

生産者のストーリーも含めて、ここまでしっかり伝えてくれるなら安心ですよね。

この情報誌は他のページもとてもタメになるので、ゆっくりティータイムにぴったりなんですよ。

適量だから迷わないでいい

初心者に優しいポイントはまだあります。

それは、三煎まで淹れるのにちょうどいい「4g」が梱包されて届くこと。

こうして迷わず急須に全部入れてしまえばOKなのは地味にありがたいんですよね……。

注ぐお湯の温度も測ることができればベターだそうです。

おいしいお茶を味わうためなら、淹れる時間もちょっとした手間も楽しめるもの。

そうして淹れたお茶はやっぱりおいしい

お茶にゆっくり向き合えるようになったのは、初心者にも優しくて、手軽に始められるサブスクだからこそだと思います。

来月はどんなお茶に会えるかな

ワンコインで始められるお茶の定期便「TOKYO TEA JOURNAL」

来月はどんなお茶に出会えるのか、とっても楽しみです。

おいしいお茶を飲んでみたいけど何から始めればいいんだろう……という私みたいな人は、ぜひ始めてみてください!

お茶の定期便「TOKYO TEA JOURNAL」

あわせて読みたい:

osio

都会生まれ、都会育ち、めぐりめぐって今は長野県在住。毎日を豊かにしてくれるアイテムにときめきます。ビールと日本酒がだいすきです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking