11

一度ハマるとなかなか抜け出せないギターの世界。

「あのアーティストが使ってたし!」「やっぱりアコギも欲しい……」なんて具合に買い足していくと、続ける年月に比例して、所有本数が増えていきがちです。

となると、当然出てくるのが置き場の問題。床置きタイプのギタースタンドだと居住スペースを圧迫するし、賃貸住宅ではギターハンガーをネジ留めするわけにもいきませんよね。押し入れに収納するのは本末転倒だし……。

ギタースタンド自体がスリムでも、床置きだとスペースが……

可能なら、傷をつけずに壁掛けできるのが理想なんですよね〜。今回は、それを見事に実現してくれるナイスなギターアクセサリーをご紹介します!

ホチキスの針で壁に固定

若林製作所 壁美人 ホチキスで取付壁掛けフック ギターヒーロー 3,410円(税込)(Amazonでの価格)

それがこちら、若林製作所「壁美人 ホチキスで取付壁掛けフック ギターヒーロー」。その名の通り、ホチキスの針でフック自体を固定できるのが最大の特長です。

2020年4月1日から施行された「民法の一部を改正する法律」。こちらでは、賃貸借に関するルールが見直されたこと、皆さんはご存知でしょうか? 画鋲の穴程度なら通常損耗や経年変化にあたるため、原状回復義務を負わないことが明文化されているんです。

ということは、下地ボードの張り替えが不要なホッチキスの針でも、通常損耗にあたると解釈して差し支えないはず。賃貸住宅に住むギタリストが抱える問題の1つが、クリアされた感じがしますね!

約3分でセットできる簡単さ

箱の中には、本体にあたる金具と、固定に使う専用針やフィルムなどが入っています。ベース部分が180°開くタイプのホチキスを用意し、付属の専用針をセットしましょう。他の針は錆びてしまうそうなので、この点は厳守です。

今回は、「すぐ手に取れるし!」と思考停止でソファの上に置いていた、アコースティックギターの設置場所を作ることに。

まずは、壁掛けを固定する場所を確認するために、ギターを掛けた状態で壁にあてがってみました。

位置が決まったら、フィルムで金具を押さえつけながら針を打ち込んでいきます。この際、針を少し斜め(約30°)から打つのがキレイに仕上げるコツです。

1つの窓には2本ずつ。計16箇所に打ち込んでいきましょう。作業するのが難しいときは、ギター掛け部を下向きにするとやりやすいですよ!

すべての窓に針を打ち込んだらこんな感じに。所要時間は約3分で、想像以上の手軽さです。専用針は多めに用意されており、多少失敗してもリカバーできるのでご安心ください。

固定できたらギターをセット!

作業が完了したら、ギター掛け部の向きを戻し、ギターのヘッドをゆっくりと掛けてみましょう。

この際、ネックの幅に応じて掛ける位置を調整するとベターです。エレキギターなどのネックが細いギターは奥側に、幅が広いギターは手前に掛けると安定しますよ。

なお、「壁美人 ホチキスで取付壁掛けフック ギターヒーロー」を取り外すときは、ホチキス後ろにある「針抜き」部分を利用して、すべての専用針を抜けばOKです。

私は最終的に、すべてのギターとベースを壁掛けにするつもりです。今は計4つセットしているのですが、1年以上前に使い始めたものもトラブルなし! 金具がガタついたり落ちたりすることなく、しっかり固定できています。

楽器は思い立ったときに弾けて、コンパクトに設置できるのがイチバン! 住環境を広く使いたいギタリストの皆さん、ぜひお部屋に取り入れてみてくださいね。

壁美人 ホチキスで取付壁掛けフック ギターヒーロー [若林製作所]

あわせて読みたい:

Ranking