きむ(ら)

きむ(ら)

166

先日、Amazonのページを見ていたら気になるものを見つけました。それは、5万円台で販売されていた50型の4K対応テレビ

実は去年SONYの4Kテレビを約20万円で購入したばかりだったのですが、あまりの安さに寝室用として買ってしまったんです!

(無駄遣いではない…… おうち時間を豊かにするための大切な投資なんだ……)

どこのメーカーのテレビなの?

TCL 「50P715」

TCL 「50P715」 54,800円(税込)

つい買ってしまったテレビというのが、こちら。TCLの「50P715」という50インチの4K対応テレビです。

TCLという名前は聞いたことがなかったのですが、世界では結構売れているみたいで、2019年のテレビ出荷台数は世界第2位だったそうです。

それにしても、安い……。

TCL 「50P715」

しかもこのテレビはAndroid TVと言って、アプリを自由に入れることができるタイプ。

我が家ではDisney+(ディズニープラス)やAmazon Prime Videoを見ることが多いのですが、これらのアプリもテレビにインストールすることですぐに見られます!

一般的なテレビだと、これらを見るための機器を購入する必要がある場合が多いので、これは結構助かります。

SONYのテレビと比べてどうなの?

SONYのテレビ

SONY 「KJ-55X9500G」 138,800円(税込) ※2021年8月時点でのAmazon販売価格

テレビを購入する際には、実際の画質や動作のサクサク具合などを確認したいところですが、webで購入する場合はなかなかそれが難しいんですよね。

ということで、実際に買って比べてみたところ、まず画質についてはほとんど変わらないと言えます。

もちろんプロの目で見たら違うところもあると思いますが、少なくとも私の感覚としてはほとんど変わりません!

唯一目に見えて違うところは、斜めから見たときのキレイさ。SONYのテレビは横から見てもきれいな発色で見られますが、TCLの方はちょっと白っぽく見えてしまいます

ただ、基本的にテレビは前から見ることが多いと思いますので、この点に関してはほぼ気にならないハズ。

TCLとSONYのリモコン

次にテレビが起動するまでの時間や、チャンネルを変えるときの時間ですが、これもほとんど同じ。

価格が安いから動作はモッサリしてるんだろうな……なんて思っていましたが、よい意味で裏切られたポイントです!

TCL 「50P715」の裏

外部入力もHDMIが3ポート付いているので、外部スピーカーとゲーム機の2種類を繋ぎっぱなしにしておく余裕があります。

残念なところ:番組表はちょっと個性的

TCL 「50P715」の番組表

私はテレビの番組表を見ることはないのですが、番組表をよく見るような方はちょっと気になるかもしれないのが、このデザイン。

上の写真のように、1つのテレビ局の番組を、2列や3列で表示してしまうんです。

SONYのテレビの番組表

こちらはSONYのテレビの番組表。

9チャンネル分が1つの画面に表示できるので、見たい番組を探しやすいですね。

必要十分なテレビ

TCL 「50P715」のサイズ感を手で測る

このテレビを一言で言えば必要十分なテレビといったところでしょうか。

サイズ感は、ものすごく薄いわけではないですが十分に薄く、

デザイン面も、ものすごくデザインが凝っているわけはないですが、シンプルで無駄のないデザイン

そんなテレビが5万円台で購入できるのは、むしろ安すぎるような気もしてきます。本当におすすめです。

ちなみにAmazonのオプションでは、設置と初期設定をたったの110円で実施してくれるので、購入の際はこちらのオプションをつけることをおすすめします!

【お詫びと訂正】「50P715」に関して「4Kテレビ」と記載していた箇所を、2021年8月19日(木)に「4K対応テレビ」と修正致しました。関係者並びに読者の皆様に深くお詫び申し上げます(ROOMIE編集部)。

あわせて読みたい:

きむ(ら)

ICT企業に勤めるサラリーマン 兼 4歳児&1歳児(共に娘)の父親 兼 けん玉チーム「damassy」のメンバー。 趣味は旅行とカメラとけん玉。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking