かとパン

かとパン

42

去年から釣りデビューをした私、だんだんと釣り沼にもハマっています。

最近ではアジングと言って、ルアーを使った釣りにもチャレンジ中!

アジングはアジが居るところを探しながら移動することが多いので、必要な小物を一式入れて持ち運べるウエストバックを購入しました。

耐摩耗に優れたCORDURA素材

ワークマン CORDURA(R)ウエストバック 1,500円(税込)

どこかの釣具メーカーのバックかな? と思ってしまいそうですが、ワークマンのアイテム。

キャンパーやバイカーにも人気のアイテムのようです。

CORDURA(コーデュラ)という耐摩耗に優れた素材が使われていて、アウトドア環境でガシガシ使っても破れにくくなっています。

さらに水滴を弾く撥水機能も、なかなかのハイスペックです。

小物の整理がしやすい

特徴的な表面の3つのポケット。

真ん中はバックルタイプ・左右はジッパータイプのポケットです。

また真ん中のポケットのフタ部分には反射材プリント付き。

アジングで使用するアイテムを収納してみました。

左右のポケットにはワーム(擬似餌)・ライン・ラインカッターなど小物を、真ん中のポケットにはスマホを収納。

ポケットが多いから、小物を綺麗に整理できますね。

考え抜かれた設計

メインポケットはガバッと開くので、プラケースに入れたヘッドジグという針を収納しています。

小さいものは表面のポケットに、大きいものはメインポケットへ収納すれば、バックの中がゴチャゴチャせず使いたい時にすぐ取り出せます。

ちなみにメインポケットのフタ部分には、ペットボトルを収納できるメッシュポケットも付いています。

私はこの中に、釣れた魚を掴むフィッシュグリップを入れていますよ。

アジングバックとして活躍中

アジング中のスタイルは2パターン。

まずは基本のウエストバックスタイル。

ベルトの長さは簡単に調整できるので、男性・女性を問わず自分の腰回りに合わせたフィット感を得られます。

もうひとつは、肩へ斜め掛けパターン。

小物を取り出したい時にすぐ取り出せるので便利ですね。

収納がたくさん付いているワークマンのウエストバックですが、よく見るとループも付いていました!

カラビナを取り付ければ、さらに収納の幅が広がりますよ〜!

背面はメッシュ素材ではありません。

背面はメッシュ素材ではなく表面と同じCORDURA素材。

夏場の日中に使っていると、汗で蒸れやすく感じることも。

でも、メッシュ素材を付けて値段が上がってしまうなら、このままでも良いのかなとも思います。

楽しいフィッシングライフを

魚がいるポイントを探しながら、竿を出す。

そしてまた移動するという一連の流れが、このワークマンのウエストバックのおかげでとてもスムーズになりました。

これで1500円は本当にお買い得、あとはお魚をいっぱい釣るだけですね。

ワークマン公式 CORDURA(R)ウエストバック

あわせて読みたい:

かとパン

フリーランスとして活動しながら「猟師」という一面も持つ、サバイバル系女子。普通の登山も好き。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking