まっしろな毛玉

まっしろな毛玉

3

蒸し暑い日々が続いていますね。

エアコンをつけていても少し動くだけで汗ばむこの季節。

お風呂に入ったばかりなのに、ドライヤーで髪を乾かす間に汗をかいてしまうなんてことがよくありますよね。

この時間をどうにか短縮したい……!そんな悩みを解決する商品を見つけました!

オーガニックコットン ヘアドライグローブ

MARKS&WEB オーガニックコットン ヘアドライグローブ 1430円(税込)

「手早く髪を乾かしたい時に便利なアイテムを」というコンセプトのもと作られた、MARKS&WEBの「オーガニックコットン ヘアドライグローブ」。

普通の手袋のようにも見えますが、どのように使うのでしょうか……。

使い方はとっても簡単!

はじめに、バスタオルなどを使って髪全体の水気を軽く拭き取ります。

続いて、ドライヤーを当てながらヘアドライグローブで地肌を揉みこむようにしてしっかりと乾かしていきます。

使い方はたったのこれだけです!これだけのことで本当に早く乾くようになるのでしょうか。

半信半疑で試したところ……。

結果、ヘアドライにかかる時間が半分に短縮しました!

これまでは10分程かかっていたところ、その半分の5分で完全に乾かしきることができました。

驚きの吸水力

早く乾いた秘密はびっしりと編み込まれたこのパイル地でした。

パイル地はタオルなどでよく用いられる編み方で、ループ状になった繊維が水分をしっかりとキャッチしてくれます。

どれほどの吸水力があるのかちょっとした検証をしてみます!

水分を含まない状態の本体は29gです。

水を張ったボウルにヘアドライグローブを1分間浸けて再度計ってみると……。

140g増えていました!

この短時間で文庫本1冊分も吸水できると考えると、ドライヤーの時間を大幅に短縮できたことにも納得です。

細部までこだわったつくり

こちらの生産地は言わずと知れたタオルの名産地「愛媛県今治市」。

素材にもオーガニックコットン100%を使用しており、アイデア商品のようですが細部までしっかりとこだわりを持って作られていることがわかりますね!

また手を入れる面は外側と異なる編み方がされており、スムーズに出し入れができるようにユーザー視点の配慮もされています。

タオルにはないフィット感

通常のタオルドライと比べた際、大きな利点となるのが「指先を自由に動かせる」ということ。

これにより、タオルでは難しかった髪と髪の間や根元の水分までしっかりと乾かすことができました。

タオルに比べるとお手入れが大変かも

手袋型をしているからこそ洗濯後には形を整えて干す必要があったりと、普通のタオルに比べると少しお手入れに気をつける必要があります。

ですが干す際に便利なループが付いているため、実際に使用してみるとそこまで手間は感じませんでした。

暑い日々にも快適なヘアドライを!

髪を乾かす時間が短縮できると暑さ対策だけではなく、結果的に髪へのダメージの軽減にもつながります。

また自然と手ぐしをしながら乾かすためか、ドライ後の髪はいつもよりサラサラとしているようにも感じました。

まだまだ暑い日々が続きそうです。一石二鳥なこちらの商品で快適なヘアドライを手に入れませんか?

オーガニックコットン ヘアドライグローブ[MARKS & WEB]

あわせて読みたい:

まっしろな毛玉

まっしろな毛玉

1995年生まれ。平日に文章を書き、週末にコーヒーを焙煎する。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking