covacova.

covacova.

3

今年もマスクが手放せない夏を過ごすわけなんですが、毎日怯えているのが熱中症

熱中症対策にはこまめな水分補給が欠かせません。そのためにマイボトルに水を入れて持ち歩くようになったんですけど、水道水は味などが気になってしまって、結局ペットボトルの水を買うことになってしまうんですよね……。

節約&エコ派にはありがたい

BRITA 「ボトル型浄水器 アクティブ」

BRITA 「ボトル型浄水器 アクティブ」 1,950円(税込)

こちら家庭用のボトル型浄水器を販売しているBRITA(ブリタ)の「ボトル型浄水器 アクティブ」。

普段飲み慣れたペットボトルと同じくらいの容量(600ml)を入れることができます。

BPAフリーの素材で作られており、長く使えそうな質感も安心。環境エコ派には嬉しいですね。

BRITA 「ボトル型浄水器 アクティブ」のフィルター

中の水が口に入る前に厚みがある活性炭の浄水フィルターを通るようになっていて、ここで塩素や微粒子を除去してくれます。

都会の水は特にカルキ臭が気になるんですが、半信半疑で飲んでみると確かにニオイが消えて飲みやすくなったことには驚きました。150リットルのろ過、または4週間の使用がフィルター交換の目安なので、毎日水を買うことを考えるとかなりの節約ができちゃいます。

いままで水を買っていた分、1日100円貯金をしていけばちょっとしたお小遣いにもなりますよ(笑)。

もちろんフィルターを外しておけば、水以外を入れちゃってもOKです。

アクティブなシーンも得意

岩に押し当てられたBRITA 「ボトル型浄水器 アクティブ」

魔法瓶や水筒は保温性をウリにしているので、金属製のタイプが多いですよね。その代わりに重かったり、うっかり落として壊してしまうことも。

ボトル型浄水器 アクティブ」はアクティブと名が付く通り、アウトドアやスポーツのときにも安心して使えます。

軽くて本体の材質は柔らかいので、落としたり岩にぶつけても平気。凹んだり割れて致命的なことになる心配がありません。

保温力は求めちゃダメです

BRITA 「ボトル型浄水器 アクティブ」で水を飲む男性

もうお気付きだとは思いますが、保温性は限りなくゼロです。このボトルにそこを求めてはいけません。

常温の方がお腹にも優しいですし、コップに水を入れて飲むような感覚で使えるのがよさですから。

オフィスや家なら水道水を入れた状態で冷蔵庫にいれておけばいいので、使い方次第では冷たい水を飲むことはできますよ。

飲み口はマウスピースタイプ

BRITA 「ボトル型浄水器 アクティブ」を開ける男性

飲み口は引っ張って開けるマウスピースタイプ

写真はわかりやすいように手で開けてますが、口(正確には歯)だけで開け閉めできます。ただ、手で触らなくてもいいとはいえ、衛生面がちょっとだけ気になるかも……。洗ったあとの乾燥も、しっかり行いましょう。

これからますます暑くなっていくので、早めの水分補給は忘れないでくださいね~。

あわせて読みたい:

covacova.

夏生まれのくせに冬が大好きな自由人。山が白く染まってくるとソワソワして、爆弾低気圧や冬将軍という言葉に過敏に反応するアレルギー持ちのため、定期的に雪山で治療が必要です。 最近はファインダーを通して見える世界に引き込まれてしまったため、アレルギー治療と写活のために北の大地への移住を計画中。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking