お気に入りのコーヒー器具を見つけると、コーヒーを淹れる時間がさらに楽しくなりますよね。

ドリッパーやコーヒーポット、豆を保管する為のキャニスターなどなど。

さまざまな種類があって、いろいろと眺めて選んでいるだけでも楽しいコーヒー器具たち。

飽きずに長く使えそうないいものないかな~と、探していると気になるアイテムを発見したので早速ゲットしてみました。

新潟県燕市で製造されたTSUBAMEシリーズのコーヒー器具

GLOCAL STANDARD PRODUCTS TSUBAME Canister Hook 3,410円(税込)

「不変で不偏」をコンセプトに、国内外でさまざまなプロダクトを製造しているGLOCAL STANDARD PRODUCTSのステンレス製キャニスター。

金属加工の産地、新潟県燕市で製作された「不変で不偏」というコンセプトにぴったりなシンプルなルックス。

艶消し加工が施されたステンレスにワンポイントのツバメマークが映える、ディスプレイしたくなるコーヒーキャニスターです。

チーク材の木蓋は無垢板、無染色でひとつひとつ木目などに個体差があるのも愛着が湧いていいですね。

裏側にはしっかりとゴムパッキンが付いています。

併せて使いたいコーヒーメジャースプーン

GLOCAL STANDARD PRODUCTS TSUBAME Coffee measuring spoon SS 550円(税込)

同じく、艶消し加工の施されたステンレス製のコーヒーメジャースプーン。

柄の部分は豆が少なくなった時にも、すくい易いように長めに作られていて、フック付きのキャニスターにピッタリと合うように作られています。

メジャースプーンの丸みにフックがちゃんとハマってくれる気持ちいい作り。

キャニスターには挽いていないコーヒー豆で約200g、コーヒー粉で約210g入ります。

このセットが並んでるだけで嬉しくなっちゃうな。

琺瑯製のドリッパーも

GLOCAL STANDARD PRODUCTS TSUBAME Dripper 4.0 / Navy 4,620円(税込)

金属の表面に、ガラス質の釉薬を焼き付けた琺瑯を使ったドリッパー。

琺瑯で一般的に使われるスチール製ではなく、ステンレス材が使われている為、錆止め剤を使用せずに直接琺瑯を塗布して薄くて軽い仕様に。

ひとつひとつ職人の手によってつくられているので個体差があるとのことですが、それも愛着の湧くうれしいポイント。

一穴円錐型タイプで、リブをつけたことで抽出時の蒸らしの際に発生するガスと空気が程よく抜ける形状になっています。

琺瑯素材の匂いがつきにくく味質が変わらない特性が活きる、味も楽しめて佇まいも美しいドリッパーですね。

抽出速度が早く、お湯を注ぐスピードによって味わいが変化しやすい一穴円錐型タイプのドリッパーは、試行錯誤するのも楽しいですね!

お気に入りのコーヒー器具で楽しむ

デザインもモノとしての使い勝手や実力も確かなGLOCAL STANDARD PRODUCTSのTSUBAMEシリーズのコーヒー器具。

コーヒーを淹れる時間を、さらに楽しくしてくれた長く使っていきたいと思える相棒が見つかりました。

あわせて読みたい:

Ranking