Commerce

Commerce

ライフハッカー[日本版]より転載

皆さんは、落下などで衝撃を与えた携帯扇風機が破裂、発火する恐れがあるというNITE(製品評価技術基盤機構)の注意喚起動画を、ニュースなどで見たことがあるでしょうか。

スマホはもちろん、たくさんの電化製品に充電池として使われているリチウムイオン電池(リチウムポリマー電池)は、その仕組み上、不具合によりショートが発生するととても危険です。

もちろん一般的には、破裂、発火を起こさないように、安全性に配慮して設計されていますが、製造元が怪しい安価なバッテリーが流通してしまっているのも事実。

いたずらに不安を煽るつもりはありませんが、できるだけ安全な製品を使いたいと思っている人は、アイリスオーヤマの「乾電池式ハンディファン KHF-01」をチェックしてみてください。

「乾電池式ハンディファン KHF-01」は単4乾電池4本、またはUSB電源で動作する仕様で、内部に充電池が内蔵されていません

最近のアルカリ乾電池はかなり安価になっていますし、ランニングコストが厳しいということもありませんね。どうしても充電式として使いたいという場合は、ニッケル水素電池を利用してもいいでしょう。

ちなみに、USB電源で利用する場合には乾電池を取り外しておく必要があるこのことです。この点にはご注意を。

風量を強にすると相当の風圧を感じるレベルですし、肝心の送風能力についても不満を感じることはないと思いますよ。

ユニークなのは、ライトも内蔵されているところ。

リモート会議で顔用ライトとして活用することもできますし、夜間に懐中電灯として使ってもいいでしょう。

また付属のスタンドをセットしなくても、机の上に寝かせて置いたあとに、首だけ起こして立てることもできますよ。

さらに、スマホスタンドにもなります。奥側と手前側に2つフックがあり、タテ置きにもヨコ置きにも対応可能。

一般的な充電式の携帯扇風機と比べてコスパも高いので、ぜひチェックしておいてほしいアイテムです。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

アイリスオーヤマ「乾電池式ハンディファン KHF-01」[Amazon][楽天市場]

Photographed by Hirokazu Tanaka

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking