boatpose_cat

すごく痩せたいわけではないけれど、「ぽっこりお腹」はできれば避けたい……。そんな人におすすめの「腹トレーニング(ロールダウン)」を、管理栄養士の藤井歩さんが教えてくれました。引き締め効果バツグンなのに、筋力が弱い人でも取り入れやすいお得なトレーニングです。

腰や首が弱い人は「腹筋」に要注意

20210702_5

お腹は体のなかでも脂肪がつきやすく、たるみやすい部位。継続して引き締めトレーニングをおこないたいところですが、いわゆる「腹筋」には注意点があると藤井さん。

一般的な腹筋は、寝た状態から上体を起こすことでお腹の筋肉を鍛えます。しかし、そういった動作は腰や首に負担がかかりやすく、痛みの原因になってしまう可能性もあります。

(「Diet Plus」より引用)

そこで取り入れたいのが「腹トレーニング(ロールダウン)」。体育座りの状態からおこなうため、一般的な腹筋ほどきつくなく、腰や首への負担が少ないとのこと。これは挑戦する価値がありそうです。

「腹トレーニング(ロールダウン)」の手順

手順1

20210702_1
「Diet Plus」より

両膝を立てて座り、膝の間にボールかタオルを挟み、両腕を前に伸ばし、背筋を伸ばす。

手順2

20210702_2
「Diet Plus」より

息を吐きながら背中をまるめ、ゆっくり後ろに下がる。

手順3

20210702_3
「Diet Plus」より

両手が膝のあたりに来たら止まり、息を吸いながら戻す。

ポイント
・ひとつの動作は4秒かけて行いましょう。
・10回×2セット行いましょう。

(「Diet Plus」より引用)

実践してみると「腹筋はきつい」というイメージとは裏腹に、とても簡単にできるのでびっくり。とはいえお腹まわりに効いている感じはしっかりあって、終わったあとは腹筋周辺がポカポカしていました。

無理なくできるトレーニングは、ひとつでも多く習慣化したいもの。夏本番まで継続すれば、よりスッキリとしたボディラインに近づけそうです。

ダイエットは積み重ねです

fujii_ayumi

藤井歩(ふじい・あゆみ)さん
管理栄養士。大学卒業後、給食委託会社・健康関連企業での勤務を経て、現在はフリーランスの管理栄養士としてオンラインでの栄養指導業務、特定保健指導、コラム執筆など栄養関係のさまざまな業務に携わっている。

Diet Plus

image via Shutterstock

Ranking