GettyImages-1053776304_re

──ライフハッカー[日本版]より転載

夏です。スイカの季節がやって来ました。

しかし、スイカ選びは簡単ではありません。どのスイカが熟していて甘いのか、どのスイカは手を出すべきでないのか、どうやって見分ければいいでしょうか。

今回は、完璧なスイカを選ぶための3つのポイントを紹介します。

1. フィールドスポットをチェックする

shutterstock_1757240006

スーパーやファーマーズマーケットでスイカを選ぶとき、半分に切って中の様子をチェックするわけにはいきません。

中を見ずに完熟度を推測するには、フィールドスポットをチェックすることです。フィールドスポットは、栽培中にスイカが地面に接していた部分です。

テキサスA&M大学によれば次の通り。

スイカが熟していれば、側面に大きくて黄色いフィールドスポットが見られます。

熟していれば、その色はクリーミーで、バターのような黄色になります。黄色い斑紋が大きく、色がクリーミーであるほど、スイカが長い時間をかけて熟成したことを示しています。

スポットが小さかったり、黄色というよりは白っぽく見える場合、そのスイカはまだ熟していない可能性があります。

2. スイカの下腹を叩く

スイカを叩いている人を見かけたことがあるかもしれません。

おそらく彼らは熟したスイカを探しているのでしょう(あるいは奇妙な趣味を持っているのかも……)。

このテクニックを使うなら、スイカの下腹を軽く叩くようにします。スイカが熟していれば、深い音がします。熟し過ぎていると、虚ろで平板な音がします。

その場合、おそらく、果肉が柔らかくなって腐りはじめています。

3. 光沢のあるスイカは選ばない

shutterstock_1460869490

スイカを選ぶときは、重くて光沢のないものを選んでください。写真映えのするものを選んではいけません。スイカが光り輝いていれば、まだ熟していないということです。

そのスイカがほかのスイカより重ければ、良いサインです。スイカは92%が水分です。

重いスイカはより多くの水を含んでいる可能性が高く、つまりジューシーだと言えます。

野菜・果物のおいしさを見分けよう

Source: Texas A&M Today, Agrilife
Elizabeth Yuko – Lifehacker US[原文
訳:伊藤貴之

ライフハッカー[日本版]

Ranking