Kanro

Kanro

5

夏になると恋しくなるトロピカルフルーツ。

中でもわたしはマンゴーに目がないので、フレッシュもドライも大好きです。

最近はプラザで見つけた新感覚のスナックにハマってます。

“バリバリ食感”が楽しい

「DJ&A マンゴーチップス」 パッケージ

「DJ&A マンゴーチップス」 594円(税込)

オーストラリアからの輸入品で、プラザやミニプラ限定販売している「DJ&A マンゴーチップス」。

ドライマンゴーのしっとり感とはまたひと味違う固い食感が特徴で、これ目当てにせっせと通ってしまうほどハマってます。

マンゴーの旨味がギュギュっと

「DJ&A マンゴーチップス」

スライスしたマンゴーをバキュームドライという特殊製法で仕上げたチップスは、油っぽさがなくカリッとしています

手がベトベトしないのも食べやすくていいですよ。疲れたときの糖分&ビタミン補給に、ついつい手が伸びてしまいます。

「DJ&A マンゴーチップス」 パッケージ裏面

材料はマンゴーと植物油脂のみ。香料や着色料無添加でマンゴーそのものの濃厚な甘酸っぱさを味わえますよ。

パリパリというよりは「バリバリ」とした噛み応えが癖になります。

危険なおいしさですが、よく噛むため満足感も高く食べ過ぎずに済むのもありがたいところです。

結構固いので、初めて食べるときはそのつもりで気を付けてくださいね。

湿気は大敵

「DJ&A マンゴーチップス」 袋のジッパー

袋にはジッパー付き……なんですが、日本の夏の湿気には勝てないのか、その辺りに置いておくとしんなりしてしまいがち

せっかくのパリっと感を楽しみたいので、わたしは袋ごと冷蔵庫で保管してますよ。

ヨーグルトに「DJ&A マンゴーチップス」 をいれる

バリバリ感が足りない?と感じたときは、グラノーラ感覚でアイスやヨーグルトにトッピングしても◎。

水分を吸ってドライマンゴーのような半生っぽい食感になり、これはこれで別のおいしさがあります。

料理のトッピングにも

「DJ&A マンゴーチップス」

ナッツやフライドオニオンと一緒にカレーにトッピングするのもお気に入り。

「DJ&A マンゴーチップス」 をカレーにいれる

熱い地域の果物だけあって、スパイスとの相性は抜群。

チャツネやラッシーなど、カレー屋さんにはマンゴーを使ったスパイスやメニューがあるくらいですもんね。カリカリとした歯ごたえと甘酸っぱさがアクセントに!

手に入る場所が限られているだけに、ストックしてちょっとずつ楽しんでいます。見かけたときはぜひ試してみてくださいね。

あわせて読みたい:

Kanro

果物ともちもちした和菓子が大好物です。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking