osio

osio

10

リモートワーク続きの最近。

自宅にいるとは言っても、忙しい日は昼食をおろそかにしがち。

カップ麺が続くこともしばしばあります。

どうにか、手軽に、おいしく、身体にいいごはんを食べられないものか……。

理想的な栄養バランスのパスタ


BASE PASTA フェットチーネ 312円〜/食(税込)

今回手に入れたのは、雑穀生パスタ「BASE PASTA」

1食に必要な栄養素を、ミネラルやビタミン含めて「全部」摂ることができる完全栄養食です。

細麺「アジアン」、平打ち麺「フェットチーネ」の2種類が発売されています。

「アジアン」は焼きそばやペペロンチーノに、「フェットチーネ」はクリームソースやボロネーゼにぴったりなんだとか。

「フェットチーネ」の栄養成分表示はこの通り。

タンパク質を29.8gも摂れるほか、食物繊維は6.9g、26種のビタミン&ミネラルなど、からだに必要な栄養素がぎゅっと詰まっています

この手軽さで完全栄養食。後は美味しければ言うことナシですが、はたして。

カップ麺よりも短時間で完成

今回は「フェットチーネ」を食べてみます。

袋から取り出して、沸騰したお湯へ。
色はほとんど蕎麦に近く、この時点ではちょっとポソポソしているように見えました。

実はこの「BASE PASTA」、茹で上がるまでの時間がとっても短いんです。

なんと「アジアン」は1分。「フェットチーネ」でもたったの2分!

カップ麺を作るよりも速く、食にありつけるのも魅力的。
以前紹介した「BASE BREAD」が朝食にぴったりなら、こちらは昼食にぴったりですね。

しっかり2分茹でて、ザルにあげた様子がこちら。

最初見たときのポソポソ感は消えて、つるっとした見た目になりました。

濃いパスタソースが特に合う

初回注文だったためか、BASE PASTA「フェットチーネ」にぴったりの特製ボロネーゼソースが付いてきました。

今回はこのソースに絡めて食べてみましょう。

とはいえ、せっかくなので茹でただけのパスタも一口。

雑穀の味わいともまた違う、独特の味わいが広がりました。
パスタというよりは蕎麦に近い味です。

シンプルな味付けだとちょっと食べづらいかもしれません。

というわけで、いよいよ公式の特製ボロネーゼソースを掛けてみます。

これは予想以上に美味しい!

お肉やたまねぎの旨味がしっかりとパスタに絡み、かなり食べやすくなりました。
市販パスタソースをかけた混ぜ麺のような感覚です。

気が付けばあっという間に完食していました。
この食べやすさで1食に必要な栄養素が全部摂れるのって、ありがたいな~!

忙しい日の昼食は決まり

茹で時間通りでも結構やわらかいので、老若男女どなたでも食べられそう。

パスタソースのカロリー(特に脂質)が気になる場合は、濃いめのめんつゆと一緒に食べてみてもおいしそうです。

昼食のメニューに困っている方はぜひお試しあれ。

「BASE PASTA」[Amazon]

あわせて読みたい:

osio

都会生まれ、都会育ち、めぐりめぐって今は長野県在住。毎日を豊かにしてくれるアイテムにときめきます。ビールと日本酒がだいすきです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking