ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

各地で梅雨明けが発表され、気持ちもなんだかアクティブになる季節。

今年の夏はなるべく人ごみを避けて、大自然のなかで思い切り遊びたくなってきますね~!

そんなアウトドアに履いていきたくなる快適かつ見た目も素敵なサンダルをご紹介します。

KEEN「UNEEK Ⅱ SLIDE」

KEEN UNEEK Ⅱ SLIDE 10,450円(税込)

コードのあみあみ部分が目を惹く「UNEEK Ⅱ SLIDE」は、歩きやすさと履き心地にこだわったKEENの人気アイテム。

マイクロファイバーで包まれた立体的なインソールの肌当たり、フィット感が素晴らしく、踵の部分のせり上がりのおかげで足の収まりも抜群。

足の甲あたりのつくりはゆったりとした印象で、足の横幅が広い方でも問題なく履けるかと思います。

アッパー部分が少し窮屈に感じる方も多いようなので、試し履きできる方は靴下ありできつくないサイズにするとラクかもしれません。

一見大きく凸凹が付いただけのアウトソールに見えますが、サイピングと呼ばれる細かい切れ込みが入っています。

この細かい切れ込みがグリップ力を高めてくれているんですね。

ちなみに、公式サイトでも普段履いているサイズより0.5cm上のサイズを選ぶのを推奨しているので、迷った方は大きめをチョイスしてみてください。

詳しくはこちらから↓

OOFOS × B:MING by BEAMS 「別注 Ooahh」

OOFOSの「Ooahh」は、ご覧のとおり、大きく歪曲したソールの形状が特徴。つま先とかかとが地面から浮いている設計は、ゆりかごさながら。

スポーツやワークアウト後の足腰の負担を軽減するために履くリカバリーサンダルに属する1足でもあり、厚みのあるやわらかなクッション性がもたらす履き心地については言わずもがなです。

そんなOOFOSのリカバリーサンダルですが、なかでも今回の一足はB:MING by BEAMSによる別注品。OOFOSの人気モデルに、パイソン(蛇)柄があしらわれた個性派です。

お餅みたいな極上の履き心地に、個性と合わせやすさを両立したちょっぴり色気のあるカラーデザイン。街履きにも、近所用のつっかけとしても。はたまた、キャンプやリモートワークのおともにも。

どんなシーンにも、きっとわけへだてなく溶け込むはず!

詳しくはこちらから↓

ビルケンシュトック 「ホノルル EVA」

ビルケンシュトック 「ホノルル EVA」

ビルケンシュトック 「ホノルル EVA」 4,400円(税込)

ビルケンシュトックでも人気のEVAシリーズに、昨年登場したのが「ホノルル EVA」。

まず驚きなのは価格帯。

アリゾナやミラノ、チューリッヒのような大人気シリーズだと10,000円以上ですが、ホノルル EVAはなんと4,400円(税込)。

鼻緒からソールまですべてがEVAでできており、ソールがコルクになっているタイプよりもはるかに軽いのも特徴的。

ビルケンシュトック 「ホノルル EVA」 フットベッド

また、ビルケンシュトックの全モデルに採用されている独自開発したフットベッドは、ホノルル EVAにもしっかり施されています。

このフットベッド、何がすごいかというと、長時間歩いた後でも快適な履き心地を実現するというところ。

ビルケンシュトック 「ホノルル EVA」

このほかにも、歩いているときの安定感を作り出すための「ヒールバー」を施したり、適切な姿勢で歩くためにフットベッドをフチに沿ってアーチ状にしたりなど、足に優しい構造に。

このあたりの細かさは、さすがビルケンシュトック! この夏のサンダル選びに迷っているならぜひ!

詳しくはこちらから↓

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking