SUMA-KIYO

SUMA-KIYO

3

ソロキャンプがトレンドの昨今、焚き火台も小型のものが人気。

そんな小さな焚き火にくべる手頃なケトルとしてぴったりなのが、長年愛用しているこちら。

ソロ焚き火で活躍するレトロなケトル

trangia ケトル0.6L

trangia「ケトル0.6L」2,530円(税込)

メスティンでおなじみ、スウェーデンのアウトドアメーカー・トランギアの「ケトル0.6L」は、無垢なアルミで作られたソロキャンプにぴったりのアウトドア用ケトル。

trangia ケトル0.6L

トランギア社はもうすぐ創業100周年。
創業当時の面影を感じることができるレトロなデザインが特徴です

普段使いもできる洗練されたケトルですが、特に便利なのがソロ焚き火と合わせて使うこと

trangia ケトル0.6L

小枝などで焚き火ができるソロ用の焚き火台の上にのせると、こんな感じ。

0.6Lという絶妙な容量が、大きめのカップ麺からコーヒーや紅茶までソロで楽しむのに最適なサイズなんです。

trangia ケトル0.6L

もちろん黒くすすけてきてはしまいますが、元の質感と相まって、なんともいい感じに。

使いこむうちにこれぞキャンプ道具な風合いになり、どんどん愛着が湧いてきますよ。

注ぎやすさも◎

trangia ケトル0.6L

垂直に傾けてもフタが外れないように設計されているので、片手で最後まで注ぐことができるのも気に入っているポイント。

trangia ケトル0.6L

また、かなり細く注ぐことができるので、コーヒードリップするときもそのまま使えて便利です。

さすがデザイン大国スウェーデン。機能性とデザイン性をしっかり両立していますね。

ハンドルカバーは取り外して

trangia ケトル0.6L

ハンドルがつかみやすいように耐熱カバーが付属しているのですが、大きな炎にかけるときは注意が必要。

trangia ケトル0.6L

直火にあたってしまうと、こんな風に溶けてしまいます。

簡単に取り外せるようになっているので、大きな焚き火などにかけるときは、必ず外してからにしましょう!

trangia ケトル0.6L

ちなみに最近は、フタのノブまでステンレスになっているモデルもあるようです。

ソロキャン〜ファミリーキャンプまで

trangia ケトル0.6L

北アルプス 槍ヶ岳「槍平キャンプ場」

あまりにも使い勝手がよいので、最近もうひとつ買い足した僕。

軽量かつ丈夫なので、登山からファミリーキャンプまで幅広く使えるなあと改めて実感。

trangia ケトル0.6L

登山ではフリーズドライ食品がメインなので、小型バーナーとこのケトルさえあれば、あとは食器だけで事足りますし、

trangia ケトル0.6L

さらに細く注げるようになるパーツは、フリマサイトでGET

ファミリーキャンプでも0.6Lの容量があればコーヒー3〜4杯分は一気に沸かせます

trangia ケトル0.6L

ケトルは使用する機会も多いし、価格も比較的手頃。

わが家のように焚き火用と料理用で2つ買って使い分けるのもいいかも。

trangia ケトル0.6L

オールラウンドで使えるレトロな雰囲気のアウトドア用ケトル

アウトドアの新しい相棒に、どうでしょう?

ケトル0.6L[trangia]

あわせて読みたい:

SUMA-KIYO

写真と筋トレが趣味のロッククライマー。 山道具の機能美に取り憑かれている。 こだわりのある「ホンモノ」だけを紹介します。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking