Commerce

Commerce

3

歯を念入りに磨いたり、ブレスケアのタブレットを試したりと、口臭対策を行っている人は少なくないでしょう。実はこの口臭、多くの原因は舌の表面に付着する舌苔といわれています。舌苔は歯ブラシでも除去できますが、歯ブラシの毛先で舌の表面を傷つけてしまう恐れがあります。

そこで、おすすめしたいのが「舌ブラシ」です。舌ブラシは、舌苔を取り除く専用のブラシであり、舌の表面を傷つけることなく、効率的に舌苔を取り除くことができます。
今回は舌ブラシを使用するメリットはじめ、自分に合った舌ブラシの選び方、舌ブラシのタイプ(ブラシタイプ、ヘラタイプ、ヘラタイプ・ステンレス、U字型スクレーパータイプ)、正しい使い方と注意点、そして、おすすめの商品について詳しく紹介します。

歯科衛生士・粟飯原ももこさん
2006年3月歯科衛生士免許取得し、歯科医院に歯科衛生士として勤務。
現在は、歯科関係の書籍やコンテンツ制作に携わる。
歯科衛生士だからこそ、知り得る知識や情報をわかりやすくお伝えし、お口の健康をサポートいたします。

■ 目次

歯ブラシで舌を磨いてはいけない?
舌ブラシを使うメリット
舌ブラシの正しい選び方は?
– 自分に合った舌ブラシの選び方は?
– 舌ブラシにはどんなタイプがある?
タイプ別おすすめ舌ブラシ12選
– ブラシタイプでおすすめの舌ブラシ3選
– ヘラタイプでおすすめの舌ブラシ3選
– ヘラタイプ(ステンレス)でおすすめの舌ブラシ3選
– U字型スクレーパータイプでおすすめの舌ブラシ3選
舌ブラシの正しい使い方と注意点
– 舌ブラシの正しい使い方は?
– 舌ブラシを使う際の注意点は?

歯ブラシで舌を磨いてはいけない?

Image: Shutterstock


マスクを手放せない日々が続きますが、マスクをしていると自身の口臭が余計に気になるもの。これをキッカケに、口臭ケアを考えている人は多いでしょう。口臭の原因は多くがお口の中にあり、その中でも多いのが舌の表面にこびりつく舌苔(ぜったい)だといわれています。

舌苔は誰にでも存在するもので、通常なら舌にうっすらと白く見える程度でしょう。これは口の中の剥がれた粘膜上皮や食べカスが、舌の表面に無数に存在する乳頭と呼ばれる突起物の隙間に入り込んだもの。

舌ブラシなどで除去しない限りは取り除くことができず、舌の表面に白い苔(こけ)が付着しているように見えます。鏡で舌の表面を確認した際、舌の表面が白く目立っていたら舌苔が溜まっている証です。

しかし、普段から行っている歯磨きの流れから、ついそのまま歯ブラシで舌まで磨いてしまっている方はいないでしょうか。歯ブラシは、歯の表面に付着するプラークや食べカスなどを取り除くことを目的に作られています。そのため、刷毛も舌を磨くには硬く、傷つける恐れがあるので、歯ブラシによる舌の清掃は控えましょう。

また、炎症が酷くなると、かえって口臭が強くなる傾向があります。この点からも、舌を磨くためには専用の舌ブラシを使用することが重要です。

舌ブラシを使うメリット

お口の中に存在する歯周病の原因菌の1つ「嫌気性細菌」は、粘膜上皮や食べカスなどをエネルギーにして揮発性硫化物を生産し、口臭を強くしていきます。多くの方はお口の中を美しく、清潔に保ちたいと考えているはず。そのため、近年は口臭ケアとして舌のクリーニングが注目されており、舌専用ブラシを使用して舌をクリーニングする人も増えています。

ある検査※1では舌苔の清掃指導前と清掃指導後に、口臭の官能試験※2を行いました。すると舌苔の清掃指導前よりも、清掃指導後の方が口臭の数値が低い結果になったとのこと。舌苔の除去は、口臭の予防や改善に有効な口腔ケアであると報告されています。

また、中には舌の表面を一般的な歯ブラシでゴシゴシと磨いてしまう人がいるようですが、舌の表面はとてもデリケート。歯ブラシは歯の表面に付着したプラークや食べカスを除去することを目的とした、専用のブラシです。歯ブラシで舌の表面を磨いてしまうと、傷つけてしまう恐れがあります。

その点、舌ブラシは、基本的に柔らかな素材を使用しているため、舌が傷つきにくく、舌に付着する舌苔を取り除くことを目的とした、専用のブラシです。舌のクリーニングを行う際には、必ず舌専用の舌ブラシを使用しましょう。

※1 日本歯科大学新潟歯学部付属病院総合診療科、日本歯科大学新潟短期大学、(株)ジャックス「舌苔を認める者の口臭抑制に対する舌清掃の効果について」
※2 官能試験とは、実際に患者さんの呼気を嗅いで口臭を評価する検査です。

舌ブラシの正しい選び方は?

Image: Shutterstock

自分に合った舌ブラシの選び方は?

ここまで舌の表面に舌苔と呼ばれる汚れが溜まる仕組みや、舌のケアを行う重要性などをお伝えしましたが、たくさんの商品を前に、どれを選べば良いか悩んでしまうかもしれません。舌を清潔に保つためには、自身に合った使いやすいサイズや形状の舌ブラシを選ぶことが重要です。そのため、以下にご紹介するポイントを確認しましょう。

目的に沿った形状のブラシ
舌ブラシの種類はさまざまですが、形状に合わせて以下のような特徴があります。

・舌乳頭の隙間の舌苔まで落とすことを目的とした舌ブラシ
・舌を守りながら舌苔を落とすことを目的とした舌ブラシ
・一度の動作で一気に舌苔を落とすことを目的とした舌ブラシ

舌の奥まで届くハンドルの長さ
舌の奥にも届くハンドル(持ち手)の長さの舌ブラシを選択しましょう。舌の奥までしっかり届かないと、取り残しが目立ったり、過度に舌ブラシに力が入ったりするかもしれません。

舌ブラシにはどんなタイプがある?

舌ブラシのタイプは、以下の4つに分類されます。

ブラシタイプ
舌乳頭の隙間の舌苔まで落とすことを目的としており、ブラシで舌を磨きます。歯ブラシと同じ刷毛タイプなので、舌ブラシの種類の中でもっとも馴染みがあるでしょう。そのため、初めて舌ブラシを使用する人にもおすすめです。

ブラシの毛先が舌の表面組織である無数の乳頭の隙間にアプローチしながら、舌苔を除去することができます。隅々まで舌苔を除去したいという人なら、ブラシタイプの舌ブラシを選ぶと良いでしょう。

なお、舌の表面が傷つくことを避けるため、ゴム素材の刷毛も発売されています。しかし、一般的なナイロン刷毛は力を入れ過ぎると、舌を傷つけてしまう恐れがある点に注意しましょう。

ヘラタイプ
舌を守りながら舌苔を落とすことを目的とした舌ブラシで、一般的にプラスチックやゴム製です。舌の表面をなでるように動かし、舌苔を取り除いていきます。舌乳頭の隙間の舌苔まで取り除くことは困難ですが、舌の表面を傷つけることなく舌のケアを行うことが可能です。そのため、なるべく舌を傷つけずケアしたい方に適しています。

ヘラタイプ(ステンレス)
舌を守りながら舌苔を落とすことを目的とした、ステンレス製のヘラタイプの舌ブラシです。プラスチック製などは、衛生面などの理由から買い替えが必要です。しかしステンレスであれば、清潔に取り扱うことで長く使用することができるでしょう。お口に入れるものだから材質にこだわりたい人、トータルに考えてコストを重視したい人などにおすすめです。

U字型スクレーパータイプ
一度の動作で一気に舌苔を落とすことを目的としたブラシです。舌ブラシといえば柄の先に刷毛がある、歯ブラシに似た形状を思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、U字型スクレーパータイプはU字に折れ曲がったステンレス製の舌ブラシです。
U字の先端部分を持ちながら舌を覆うように置き、舌の表面をなでるように一気に手前に引いて舌苔を除去します。舌の負担をなるべく軽くしたい、あるいは一気にケアしたいという人におすすめです。

メリット デメリット
ブラシタイプ 隅々まで舌苔を除去したいという人向き 一般的なナイロン刷毛は力を入れ過ぎると、舌を傷つけてしまう
ヘラタイプ 舌の表面を傷つけることなく舌のケアを行うことが可能 舌乳頭の隙間の舌苔まで取り除くことは困難
ヘラタイプ(ステンレス) 舌を守りながら舌苔を落とすことができる プラスチック製などは、衛生面などの理由から買い替えが必要
U字型スクレーパータイプ 舌の負担をなるべく軽くしたい、あるいは一気にケアしたいという人向き 他の舌ブラシに比べ持ち歩きや、収納に不便

タイプ別おすすめ舌ブラシ12選

Image: Shutterstock


それでは具体的に、タイプ別でおすすめの舌ブラシをご紹介します。自身が舌ブラシを使用する目的に合わせ、舌ブラシ選びの参考にしてください。

ブラシタイプでおすすめの舌ブラシ3選

●舌フレッシュ

Image: Amazon.co.jp

歯科医療総合メーカーであり、国内トップシェアとして知られるジーシーから発売されている、ねじりブラシタイプの舌ブラシです。

アーチ状にねじりブラシを配置し、ブラシ幅を多めに取ることで、舌苔を一度にかきだせるようになっています。また、ブラシ手前に設けられたスプーン状の受け皿に描き出た舌苔が集まるように設計。そのため、舌苔の除去状況を確認しながら舌のケアを行えます。

長いハンドルが特徴的で、介護アイテムとしてもおすすめです。

▼商品情報

メーカー ジーシー
形状 ブラシタイプ
素材(舌に当たる部分) 公式HPに記載なし
長さ ハンドル部分/9cm

●舌クリーナーラバーグリップ

Image: Amazon.co.jp

舌の負担を最小限に抑え、効率よく舌苔を除去できるように設計された「舌クリーナーラバーグリップ」。約10,000本のナイロン毛を3列に植毛した形状です。

やわらか高密極細毛を乳頭と乳頭の隙間に挿入させることで、舌に付着する舌苔をやさしく取り除くことができます。持ち手は太く、滑りにくいラバーグリップが採用されているため持ちやすいでしょう。

効率よく磨きたい、あるいは磨きやすさを重視する人におすすめの舌ブラシです。

▼商品情報

メーカー エビス
形状 ブラシタイプ
素材(舌に当たる部分) 毛/ナイロン
長さ 公式HPにサイズ表記なし

●W-1 PREMIUM(ダブルワン プレミアム)

Image: Amazon.co.jp

ブラシの毛は極細ナイロン繊維を採用し、独自のフック形状となっています。舌表面組織である乳頭と乳頭の隙間にさまざまな角度からアプローチでき、舌の表面をなでるように動かすだけで舌苔を絡めとることが可能です。

また、舌のあらゆる面にフィットできるよう片面は凸、もう片面は凹と両面使いができる点も特徴的。

片面約8.000本の特殊加工ブラシは舌を傷つけにくくなっているため、舌を傷つけず汚れをできる限り取り除きたい人におすすめです。

▼商品情報

メーカー SHIKIEN
形状 ブラシタイプ
素材(舌に当たる部分) 毛/ナイロン
長さ 公式HPにサイズ表記なし

ヘラタイプでおすすめの舌ブラシ3選

●ブレスケア 舌クリン

Image: Amazon.co.jp

口臭タブレットでもお馴染みの、ブレスケアシリーズから発売されている舌ブラシ。ヘラとブラシの2つの機能が設けられています。

舌苔が溜まりやすい舌の中心の奥から手前に軽く動かすことで、ブラシが乳頭と乳頭の隙間に入り込んだ舌苔までをかき出し、さらにヘラでかき集めることで、舌苔を効率よく取り除くことが可能です。

ヘラとブラシはいずれも熱可塑性エラストマーが採用され、舌に負担がかからないように配慮されています。

舌を守りながらケアを行いたい人におすすめです。

▼商品情報

メーカー 小林製薬
形状 ヘラ・ブラシタイプ
素材(舌に当たる部分) 熱可塑性エラストマー
長さ 公式HPにサイズ表記なし

●NONIO舌クリーナー

Image: Amazon.co.jp

口臭科学をもとに、歯磨き粉やマウスウォッシュなどを手掛ける「NONIO」の舌ブラシです。傾斜をつけて植えられた刷毛が舌の表面に付着している舌苔を掃き出し、ラバー・スクレーバーと呼ばれるゴムの突起で取り除きます。

ダブルの汚れ落とし機能で、お口の中を清潔に保つことが可能です。ヘッドはコンパクトサイズなので、お口の中に挿入した際の嘔吐反射などを最小限に抑えられるでしょう。

そのため、嘔吐反射しやすい人にもおすすめです。また、「NONIO舌専用クリーニングジェル」を併用することで、さらに口臭ケアを行うことができます。

▼商品情報

メーカー ライオン
形状 ブラシタイプ
素材(舌に当たる部分) 毛/ナイロン、ラバー/SBC
長さ 公式HPにサイズ表記なし

●ガム歯周プロケア 舌ブラシ

Image: Amazon.co.jp

舌苔をかき出すブラシと、舌苔を取り除くヘラの両面仕様となっているため、用途に合わせて使い分けられます。

28mmの幅広ヘッドが設けられており、効率よく舌苔を取り除くことが可能。持ち手が長いので、舌の奥まで無理なく届くでしょう。また、グリップはラバー素材で持ちやすいよう設計され、使いやすくなっています。

舌を傷つけたくないけど、ヘラ機能だけではなくブラシ機能も必要な人におすすめの舌ブラシです。

▼商品情報

メーカー サンスター
形状 ブラシ・ヘラタイプ
素材(舌に当たる部分) 公式HPにサイズ表記なし
長さ 180mmm

ヘラタイプ(ステンレス)でおすすめの舌ブラシ3選

●コケとっと舌クリーナー

Image: Amazon.co.jp

ステンレスよりも親和性に優れ、インプラントの素材としても採用されているチタン製でヘラタイプの舌ブラシです。

金属アレルギーの心配がなく、使い捨て舌ブラシとは異なり長く使用できます。自助具や介護用品の製造・販売を手掛けるフセ企画から発売されており、使いやすくお手入れも簡単。

金属アレルギーの心配がある人、長く使える舌ブラシをお求めの人、お手入れも簡単に済ませたい人におすすめです。

▼商品情報

メーカー 有限会社 フセ企画
形状 ヘラタイプ
素材(舌に当たる部分) チタニウム
長さ 全長150mm

●八鉄シリーズ 舌みがき

Image: Amazon.co.jp

医療機器製造・販売を行うピーティー&サヒインターナショナル株式会社が、自社ブランドとして手掛けるオーラルケアシリーズの舌ブラシです。

ヘラの部分は舌苔を取り除きやすい角度に設計されており、メッキ加工なども一切していないので安心して使用できます。また、ハンドル部分は持ちやすい幅広タイプ。さらにフックなどに掛けられるよう穴が設けられており、使いやすさや保管場所にも考慮して作られています。

フックなどに掛けて保管したい人、ステンレス製の舌ブラシをお探しの人におすすめです。

▼商品情報

メーカー ピーティー&サヒインターナショナル株式会社
形状 ヘラタイプ
素材(舌に当たる部分) ステンレス銅
長さ 13.4cm

●舌クリーナー

Image: Amazon.co.jp

主に刃物などの製造・販売を手掛けるGREEN BELLが展開する、「+QQシリーズ」から誕生した日本製の舌ブラシです。

舌の奥から手前にヘラの先端で舌面をなでるよう軽く当てながら動かすことで、舌を傷つけることなく舌苔を除去できます。18-8ステンレス製で煮沸消毒が可能。

15分以上の煮沸が必要となりますが、衛生面にも配慮して舌ケアを行いたい人におすすめです。

▼商品情報

メーカー GREEN BELL
形状 ヘラタイプ
素材(舌に当たる部分) 18-8ステンレス
長さ 180mm

U字型スクレーパータイプでおすすめの舌ブラシ3選

●Stainless Steel Tongue Cleaner

Image: Amazon.co.jp

アメリカで100万個以上の売り上げを誇り、多くの人から支持されている舌ブラシです。ハンドル部分がしっかり設けられているので持ちやすく、両ハンドルの幅を調整すれば舌と接触する幅を変えられます。

ステンレス製なのでお手入れも簡単。竹素材のトラベルポーチも付属しているので、日頃持ち歩いたり、旅行先などに持参したりするのにも便利でしょう。

ステンレス製の舌ブラシを検討している人、持ち運びに便利なものを探している人におすすめです。

▼商品情報

メーカー Stainless Steel Tongue Cleaner
形状 U字型スクレーパータイプ
素材(舌に当たる部分) 18-8ステンレス鋼
長さ 公式HP記載なし

●舌みがき!(幅広)日本製 タングスクレーパー

Image: Amazon.co.jp

「いらないものを排出して、良いものを取り入れる」という、インド伝承健康法であるアーユルヴェーダにもとづいたU字型スクレーパータイプの舌ブラシです。

東京下町の工場で、熟練された職人が手作業で1つ1つ制作している日本製。舌に付着する舌苔を排出して、お口の健康につなげられます。使用後は軽く流水で洗い流し、ペーパーなどで拭き取るだけなので管理も簡単。

日本製の舌ブラシを使いたい、あるいは品質にもこだわりたい人におすすめです。

▼商品情報

メーカー 株式会社Bridge & Sun
形状 U字型スクレーパータイプ
素材(舌に当たる部分)
長さ 12cm

●舌美人(旧商品名:チタンくん)

Image: Amazon.co.jp

人体との親和性に優れているチタン製。金属アレルギーの心配がなく、プラスチック製より長く使用できて衛生面にも優れています。

舌の奥から手前に表面をなでるように動かすだけで、舌苔を取り除くことが可能です。持ち手は誰でも持ちやすくするため、ユニバーサルデザインが採用されています。

金属アレルギーが心配な人、一気に舌苔を取り除きたい人におすすめです。
※旧商品名「チタンくん」と素材・製法は同一です。

▼商品情報

メーカー 有限会社 セントレア
形状 U字型スクレーパータイプ
素材(舌に当たる部分) チタンニューム99.5%以上
長さ 14cm

舌ブラシの正しい使い方と注意点

Image: Shutterstock


舌ブラシを使用する際には、以下に留意しましょう。

舌ブラシの正しい使い方は?

・鏡を見ながら行う
舌苔の付着状況や舌ブラシの動きを確認しながら行うため、舌ブラシは必ず鏡を見ながら使用しましょう。

・舌の奥から手前に舌ブラシを動かす
舌ブラシの仕様にもよりますが、基本的に舌の奥に舌ブラシを当て、なでるように手前に動かしてください。

・舌ブラシは目視できる範囲内まで
舌苔をしっかり除去するため、できるだけ奥まで舌ブラシを挿入しようと考える人は少なくありません。しかしあまり奥に挿入してしまうと、嘔吐反射や粘膜や組織を傷つけてしまう恐れがあります。そのため、鏡で見たときに見える範囲内で、奥から舌ブラシで除去しましょう。

・息を数秒止める
舌ブラシ使用時は数秒(無理のない程度)息を止めながら舌苔を除去することで、嘔吐反射を抑えられます。

舌ブラシを使う際の注意点は?

・力を入れ過ぎない
舌の表面はデリケートで、力を入れ過ぎると傷ついてしまう恐れがあります。万が一傷ついてしまった際には、一時使用を中断して歯科医院などに相談しましょう。

・頻度は1日1回程度にとどめましょう
舌のケアを頻繁に行う必要はありません。1日1回を目安に留めておきましょう。就寝時にお口の中の細菌が繁殖するため、起床時や朝食後に舌ブラシを使用すると効果的です。

・使用後は清潔に
流水下で洗い流し、清潔なペーパーや布で水気を拭き取り保管しましょう。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking