マツザキ チアキ

マツザキ チアキ

10

先日、ついに一足目のTevaをゲットしました。

あまり自分の持っている洋服と組み合わせられる自信が無くて、「THE・スポサン」といったアイテムに手を出せずにいたのですが、足元のコーディネートが楽しくなる一足を見つけたんです! しかも、驚くほど履き心地が良くて……。

「VOYA INFINITY」の新モデル

Teva 「VOYA INFINITY SPACE DYE(ボヤインフィニティスペースダイ)」

Teva 「VOYA INFINITY SPACE DYE(ボヤ インフィニティ スペース ダイ)」 5,830円(税込)

「VOYA INFINITY」は昨年、ROOMIEでもレビューしていたものですが、今年3月に販売されたのは「VOYA INFINITY SPACE DYE(ボヤインフィニティスペースダイ)」という、より履き心地の良さを追求したモデル。

VOYA INFINITY SPACE DYE(ボヤインフィニティスペースダイ) レースの伸縮性

サンダルは足の幅によって、フィット具合が変わってしまいがちですが、なんと「VOYA INFINITY SPACE DYE」にはとっても伸縮性のあるレースがあしらわれているので、どんな足にも合うように調整が可能! 簡単に自分の足にフィットするように調整できるのが嬉しいですね。

えっ、こんなに軽いんだ…

Teva 「VOYA INFINITY SPACE DYE(ボヤインフィニティスペースダイ)」 を手で持つ

Tevaを愛用している方からしたら当たり前なのかもしれないですが、はじめて手にしたときにはあまりにも軽くて驚き

重さをスマホと比較してみると、

iPhone8 158g

「VOYA INFINITY SPACE DYE」 100g

「VOYA INFINITY SPACE DYE」のほうが軽いんです!

レースのあるサンダルやハイカットスニーカーだと、足首が凝ってしまうことがあるのですが、この軽量さだとそんな心配は無さそうだな~。

履きづらくないの?

VOYA INFINITY SPACE DYE(ボヤインフィニティスペースダイ) かかとのレースを指で引っ掛ける

こういったレースがクロスされているサンダルって、履き口に紐が集まっていて履きづらくないのかな~とちょっとした心配が。

もちろん、履く前にストラップを定位置に戻してあげる必要はありますが、思った以上に履きやすい! というのも「VOYA INFINITY」よりも「VOYA INFINITY SPACE DYE」はレースが太いので、指で引っ掛けやすいんですよね。

履くときは、かかとのレースを指でくいっと引っ掛けながら、足を通してあげるとスムーズに着用できました。脱ぐときも、かかとのレースを指で伸ばしてあげるとラクラク。

VOYA INFINITY SPACE DYE(ボヤインフィニティスペースダイ) 前坪

ちなみに、このサンダルはビーサンのように前坪アリのタイプ。ゲットする前までは、靴下も履けるのかな~と思っていましたが、指割れソックスじゃないと難しそう。

また、前坪アリだと指の間が痛くなるんじゃ……なんて不安もありますよね。

これ、本当に痛くなりません。「そういえば、これ前坪あるやつか!」と忘れてしまうくらいなので、外出するときにも足の痛さを気にせずに履けますよ~。

足元のコーディネートが楽しい~

Teva 「VOYA INFINITY SPACE DYE(ボヤインフィニティスペースダイ)」 パンツと合わせる

Teva 「VOYA INFINITY SPACE DYE(ボヤインフィニティスペースダイ)」 パンツと合わせる

カラー展開は、AragonとDark Oliveの2色。私はちょっとミリタリー感あるDark Oliveを選びましたが、Aragonもくすんだピンクですごく素敵なんですよね。

私自身、夏は1年の中でもとくに色を取り入れたいテンションなので、この2色はすごく悩みました……。

Teva 「VOYA INFINITY SPACE DYE(ボヤインフィニティスペースダイ)」ワンピースと合わせる

Teva 「VOYA INFINITY SPACE DYE(ボヤインフィニティスペースダイ)」ワンピースと合わせる

実際にいろんな洋服とあわせてみたところ、私的にしっくりきたのがスカートのとき。

クロスされたレースがにぎやかだからか、パンツをはいたときよりも、スカートを履いているときの方がバランスがいいのかも?と思いました。

そうはいっても、もちろんパンツとも合わせやすいので、この夏に大活躍してくれる一足だな~と実感しています。

商品提供:Teva

あわせて読みたい:

マツザキ チアキ

マツザキ チアキ

大阪生まれ大阪育ちのROOMIE編集部員。お笑いとテレビが大好きです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking