ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

8

家時間が多くなると、どうしても増えてくるのがコーヒータイム。家なら飲み放題だと、ついつい手が伸びてしまいます。

そこで今回は、上半期にROOMIEの記事から売れたHARIOのアイテムを、ランキング形式にしてご紹介!

コーヒータイムをより楽しくしてくれる逸品がそろってますよ~!

第1位:フィルターインコーヒーボトル

HARIO(ハリオ) フィルターインコーヒーボトル

HARIO(ハリオ) フィルターインコーヒーボトル モカ

「フィルターインコーヒーボトル」は、コーヒー粉と水をセットするだけのかんたんな仕込みで、おいしい水出しコーヒーが味わえるスグレモノ。

HARIO(ハリオ) フィルターインコーヒーボトル

コーヒー粉専用のメッシュフィルターで、8時間かけてコーヒーを抽出するので、前日の夜に仕込んでおけば、翌朝に水出しコーヒーが飲めるというわけ!

HARIO(ハリオ) フィルターインコーヒーボトル

さっそく、アイスコーヒーを仕込んでいきます。ストレーナーにコーヒー粉(深煎り中細挽き)を55g入れ、注ぎ口にセット。

HARIO(ハリオ) フィルターインコーヒーボトル

水を注いで栓をしたら、左右にゆっくりボトルを振り、コーヒー粉を水になじませます。

あとは、冷蔵庫に入れて8時間寝かせるだけ!

HARIO(ハリオ) フィルターインコーヒーボトル

朝一番に、アイスコーヒーを飲んでみると……、とっても濃厚でまろやか! ゴクゴク飲める味わいです。

テレワークの合間に、冷蔵庫から冷えたコーヒーをさっと取り出してリフレッシュも◎。

第2位:フタなしティーポット

HARIO(ハリオ)「フタなしティーポット」 クリア 700ml 2,750円(税込)

ティータイムのあとの洗い物に対するストレスをなくしたのが、HARIOの「フタなしティーポット」。

フタが付いている部分をよく見てみると、フィルターになっていて、ここから直接お茶が注げるようになっています。

本体の素材は耐熱ガラスで、フィルターの素材はPCT樹脂。全部ガラスのように見えますが、フィルターだけプラスチックなんですね。でも安っぽさはありません。

 HARIO(ハリオ)「フタなしティーポット」 クリア 700ml でお茶を淹れる

では、さっそくお茶を淹れます。適量の茶葉をサッと本体に入れ、数分。

このままダイレクトにマグカップやグラスに注いでいくのですが、フィルターがきめ細かいので茶葉は一切入りません

いざ飲み終わると、このように茶葉がガラスにべったり引っ付くのですが、洗うときもラクラク

 HARIO(ハリオ)「フタなしティーポット」 クリア 700mlにくっついた茶葉を水ですすぐ

フィルターの上から水を注いで、くっついた茶葉を落としていくだけ。あとはしっかりティーポット全体を洗えばOKです。

 HARIO(ハリオ)「フタなしティーポット」 クリア 700ml コーヒーのドリップ用サーバーとして使う

ちなみに、こちらフィルターを外せばドリップ用のサーバーとしても応用が可能。ドリッパーもぴったりはまるので、安定感も抜群。

このアイテムのおかげで、これまでよりもずっとお茶や紅茶、コーヒーが手軽に楽しめるようになりましたよ~。

第3位:スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー

HARIO 「スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー」

HARIO 「スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー」 ¥14,080(税込)

HARIOの「スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー」は、もともとHARIOが販売していた手挽きのコーヒーミル スマートGに電動グラインダーを付けることで、手挽きミルとしても電動のミルとしても使えるようにしたもの。

HARIO 「スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー」に豆を入れる

使い方はいたってシンプル。コーヒーミルに挽きたい分量の豆を入れ、(1度に2杯分まで挽くことができます)

HARIO 「スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー」

グラインダー専用ホルダーを取り付けて、電動グラインダーをコーヒーミルのシャフト(臼につながる棒)にはめます。

HARIO 「スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー」

電源スイッチを押すと手でハンドルを回す代わりにモーターが作動。ガガガガーとあっという間に挽いてくれます。

HARIO 「スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー」

時間に余裕があるときは、電動グラインダーの変わりにハンドルを取り付けてハンドミルとしても使えますよ。

初コーヒーミルにして理想のタイプに出会っちゃいました。

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking