Commerce

Commerce

2

髪の毛のアレンジやスタイリングに欠かせないアイテム、ヘアワックス。実現したいヘアスタイルや髪質に合った製品を使う必要がありますが、種類もさまざまでどれを選んでいいか悩んでしまいますよね。

ナチュラルなまとめ髪を作るならクリームタイプのワックスがおすすめ。バームタイプなら、髪型を選ばずにツヤを出しつつ束感を作れますよ。配合成分や香りにも注目してみましょう。

今回は、ヘアワックスの選び方を渋谷の人気ヘアサロンの美容師・築山さんが解説。築山さんにお聞きにした選び方のポイントを参考に、種類別に人気商品を紹介します。髪質に合ったヘアワックスを見つける参考にしてみてくださいね。

築山さんのイメージ"

美容師 築山昌剛さん
渋谷の人気ヘアサロンVicke(ビッケ)の美容師。TVCMやTokyoGirlsCollectionなどショーやイベントなどで活躍。タレントやモデルのヘアメイクを多く手掛ける。ヘアメイク教室も実施している。
Vicke:https://vicke-tokyo.com/

■ 目次

ヘアワックスとは
ヘアワックスの選び方
-種類
-配合成分
-香り
おすすめワックス15選|種類別に紹介
-ファイバー
-クリーム・ミルク
-ドライ
-バーム

ヘアワックスとは

バルムワックスの画像Image: Shutterstock
「ヘアワックスは束感を出したいときや、毛先を動かしたいときに使われます。最近は、スタイリング剤を総称してヘアワックスと呼ばれることも。

2010年頃からウェットな質感がつくれる、バームやヘアオイルのシェアが増えています。

女性用のスタイリング剤は、天然由来の成分で作られているものがほとんどで、髪だけでなく手や唇など肌にも使えたりします」

ヘアワックスの選び方

ヘアワックスを選ぶ際のポイントは「種類」「配合成分」「香料」の3つ。

種類

ヘアワックスの種類を大きく分けると「ファイバー」「クリーム」「ハード」「バーム」の4種類。セット力はありませんが用途に合わせて「ヘアオイル」の使用も検討してみてください。

ヘアワックスの種類はなりたいヘアスタイルに合わせて選びましょう。髪質や髪型にも合わせて注目してみてください。

種類 髪質 髪型
ファイバー 普通・剛毛 ショート~ミディアム
クリーム 普通・剛毛 ミディアム~ロング
ハード 軟毛 ショート~ミディアム
バーム 軟毛・普通・剛毛 ショート~ロング

・ファイバー
ヘアワックスの画像Image: Shutterstock

ヘアスタイル ショートヘア・ボブ・パーマ

ファイバーはヘアワックスの定番。ツヤ感とセット力が適度にあります。伸びがよく髪になじみやすいため、初心者にも使いやすいです。毛先を動かす用途向き。

「軟毛でパーマをかけている方はバームだと重めになりがち。ファイバーのほうが軽さが出るのでおすすめですよ」

・クリーム・ミルク
ワックスの画像Image: Shutterstock

ヘアスタイル ミディアム・ロング・三つ編み・ポニーテール

クリーム状のワックスで、軽くやわらかいつけ心地。ファイバーよりもベタつきにくく、髪全体になじませやすいのが特徴。三つ編みやポニーテールなど自然なまとめ髪が作れますよ。

「クリームやミルクはホールド力やスタイリング力はないので、束感ではなくツヤを出したい方向き。ナチュラル・しっとりしたヘアスタイルがつくれます。髪質がパサつきやすい方やミディアムより長い髪の毛の方向き」

・ハード(クレイ・マット・ドライ)
ワックスの画像Image: Shutterstock

ヘアスタイル 無造作ヘア・ナチュラル

ツヤを抑えたマットな質感が特徴。セット力が強いため、やわらかい髪もセットしやすいです。動きのある無造作ヘアも作れますよ。

ウェットな質感が苦手な方や、整髪料を使用していないようなナチュラルな仕上がりにしたい方におすすめ。

「ハードワックスは、ホールド力が必要な髪型に向いています。ハードワックスで固まるのを避けたい方は、前髪だけヘアスプレーを使うのもよいでしょう」

・バーム
バームの画像Image: Shutterstock

ヘアスタイル ウェットな質感・束感・ナチュラル

バームはミツロウなどの天然由来のオイルを原料したスタイリング剤。ハンドクリームやボディクリームとして、髪以外のところにも使える製品が多いです。

「固めることはできませんが、ツヤを出しつつ束感が作れます。体にやさしい成分入りで、保湿もできます。ショートやロングなど髪型や髪質を選ばず使えます」

・ヘアオイル
ヘアオイルの画像Image: Shutterstock

ヘアオイルは、セット力はありませんが、髪にうるおいやツヤを与えます。

「オイルの質感には『重い』『軽い』があります。

ドロッと重い質感のものは髪の毛がパサつきやすい方・乾燥した方・クセ毛の方が、髪の毛をおさえたりまとめたりする用途に向き。

サラサラとした軽い質感のものだと仕上がりは、サラッとした感じになるので、ペタッとさせたくない方向き」

【2021】ヘアオイルおすすめ15選|美容師の解説&悩み別に市販の人気商品を紹介

【コラム】わからないときは美容師に聞こう!

「自分に合ったスタイリング剤を知りたい方は美容師に聞くのがおすすめ。髪質はわかったとしても、自分の髪質に何が合うかまでは見極めるのは難しいです。

プロの視点からお客様にあったスタイリング剤をすすめるのも美容師の仕事。料金はかからないので気軽に聞いてみてください」

配合成分

髪にやさしい製品がほしい方は、配合成分にも注目してみてください。天然由来成分のみであれば、ハンドクリームやボディクリームとしても使えます。

天然成分の割合が多いものほど安心安全です。最近はケミカルな成分が多く含まれている女性用ワックスは少ないです。パッケージがかわいいものは、髪の毛によい成分が使われている傾向にあります。シアバターは保湿もしてくれて髪にもやさしいですよ」

香り

「香りは好みで選ぶのがおすすめ。成分表に『香料』と書いてある場合は、科学的な成分入りで髪の毛によくない可能性もあります。香料が苦手な方は無香料のものを選ぶのがおすすめ」

おすすめワックス15選|種類別に紹介!

ファイバー

・mod’s hair(モッズ・ヘア)『インナーグラマー ワックス ハードグラマー』

Image: Amazon.co.jp
<できること>
・盛り髪や逆毛のボリューム感アップ
・作り込んでもさりげない仕上がりに

インナー・スタイル成分が、髪の芯まで浸透。柔軟でスタイリングしやすい髪にしてくれるのが魅力のワックスです。

アレンジがしやすいので、逆毛で盛り髪をつくったり、ウェーブヘア・ショートヘアの毛流れをつくったりするのにも向いています。

ベタつきにくく、一日しっかりキープしてくれるのもうれしいポイント。作りこみ過ぎない自然なニュアンスがほしい方にぴったりです。

・ナカノ(中野製薬)『スタイリング タントN ワックス 2 ノーマルタイプ』

Image: Amazon.co.jp
<できること>
・ナチュラルな束感を演出
・ウェーブヘアやカラードヘアに潤いを与える

ファイバーワックスの定番メーカー「ナカノ」。同社のワックスは、伸びやすく髪なじみがよいため、使いやすさに定評があります。

こちらはセット力と束感がほどよいヘアワックス。自然な毛先の動きを演出し、くせ毛や天然パーマを活かすスタイルにもぴったり。適度に固まり、髪をまとめるので、広がりやすい髪のボリュームダウンをするのにも向いています。

紫外線による髪のダメージやヘアカラーの褪色を防止する効果も期待できますよ。

・DEUXER(デューサー)『ミディアムスムースワックス 3S』

Image: Amazon.co.jp
<できること>
・エアリー感のある軽いスタイル
・ミディアムやロングのスタイリング

愛用者続出の人気のワックスシリーズ、ナンバースリーのデューサー。「3S」は、ほどよいセット力があり、軽い動きを表現しやすいです。カールスタイルや毛先を遊ばせるヘアスタイルにぴったりの一品。

クリーム状のテクスチャ―で、しっかりなじませれば、ロングをエアリーな仕上がりにできますよ。マカダミアナッツバターを配合で、うるおいを与え、指通りのよい髪を実現します。

手が濡れていても、少し回せば簡単に開閉できるキャップも魅力のひとつ。

・Milbon(ミルボン)『ニゼル エアナチュラル テクスチュアクレイ』

Image: Amazon.co.jp
<できること>
・ウェーブの束感や動きを表現
・前髪や毛先の毛流れをつくる

サロン専売のヘアケアブランド「ミルボン」のニゼルシリーズ。

やわらかい質感でまとまりがよいので、髪の広がりを抑えたい方にもおすすめ。つけすぎてもベタつかず、誰にでも使いやすいのも魅力です。

エアリーな束感を作るのにも向いており、前髪の毛流れをキープする用途にも◎。ヘアアイロンでカールする前のベース剤にも使えますよ。

クリーム・ミルク

・Loretta(ロレッタ)『メイクアップワックス 4.0』

Image: Amazon.co.jp
<できること>
・弾むような毛先の動き
・セット力があるのにベタつかない

絵本のようなイラストのパッケージがキュート。置いておくだけで、洗面台も華やかになりますね。植物由来の「ライスワックス」配合で、ベタつかずサラっとした質感を実現します。

ほどよい軽さとキープ力が特徴。やわらかい質感のカールやウェーブを一日中キープしてくれます。ゆるふわ系のヘアスタイル向きで、ラフなお団子ヘアやポニーテールを作れますよ。

軟毛から硬毛まで幅広い髪質に使えます。ダマスクローズにラベンダーやゼラニウムなどをブレンドした天然の香りも特徴。

・Of cosmetics(オブ・コスメティックス)『ヘアミルクオブヘア・5.5Ma』

Image: Amazon.co.jp
<できること>
・補修してうるおいとツヤのある髪へ
・ツヤと弾力のあるスタイリング

美容師がプロデュースしたブランド「オブ・コスメティックス」のヘアミルク。

「ペリセア」「プロテキュート」など髪の補修をサポートする成分を配合。傷んだ髪にうるおいを与え、ツヤと手触りを改善します。

ヘアカラーやパーマのダメージ毛をサラサラにしたい方にはおすすめ。ヘアアイロンやホットカーラーの前になじませれば、ツヤと弾力のあるカールが作れますよ。

・ナプラ N.(エヌドット)『スタイリングセラム』

Image: Amazon.co.jp
<できること>
・濡れたような質感を与える
・ウェット&ドライどちらにも使用

軽いつけ心地で濡れ髪を作りやすいと評判のヘアワックス。乳液タイプで髪になじませやすいです。セット力は弱いですが、ほどよいまとまり感をつくるのにはぴったり。

シアバターやボタニカルエキスなどの天然成分を配合。髪のキューティクルをしっかり保護してくれます。

ウェット感のあるトレンドヘアを作りたい方にはおすすめの一品。濡れた髪、乾いた髪のどちらにもお好みで使用可能です。

・MILBON(ミルボン)『プレジューム ワックス 7』

Image: Amazon.co.jp
<できること>
・力強さのある軽い仕上がり
・ショートヘアのスタイリング

美容室でもよく使われている「ミルボン」のプレジュームワックスシリーズ。もっとも人気な7番は、セット力は強力ですがすぐに固まらないのが魅力です。

しっかり束感のあるスタイルや、無造作風のラフなスタイルをつくれます。ナチュラルなツヤ感も魅力のひとつで、ワックス特有のぎらつきを抑えたい方にはおすすめです。

クリームのような質感で髪になじみやすいのも特徴。伸びが良く少量でしっかり動きを出せるのでコスパも良好。ワックス初心者でも扱いやすいですよ。

・マンダム 『LUCIDO-L(ルシードエル)#アレンジアップワックス』

Image: Amazon.co.jp
<できること>
・浮き毛を抑えたまとめ髪
・ベタつかない&うるおう

女性向けヘアメイクブランド「ルシードエル」のまとめ髪用のウォータージェリータイプのワックス。ジェル状なので、伸ばしやすく髪にもなじませやすいのが魅力です。

髪を固めずにまとまるのが特徴。浮き毛やパサつきをしっかり抑えてくれますよ。ナチュラルなヘアスタイルにしたい方にはおすすめ。

ルシードエル独自の「軽キメパウダー」配合で、べたつきを抑えています。清潔感のあるスタイリッシュグリーンの香りですが、微香性なので香料が苦手な方も安心。

ハード(クレイ・マット・ドライ)

・OCEAN TRICO(オーシャントリコ)『ヘアワックス クレイ』

Image: Amazon.co.jp
<できること>
・べたつかずドライな仕上がり
・立体感を1日中キープ

原宿の美容室「OCEAN TOKYO」から登場したワックス。「オーシャントリコ」は、女性にも人気のシリーズ。

べたつかないドライな仕上がりで、キープ力に優れるのが特徴です。セット力も高く、ボリュームのある立体感を演出してくれます。軽いワックスなので、重みでつぶれることがないので、軟毛の方にもおすすめ。

クレイタイプですが洗い落としさに優れるのはうれしいポイント。

・UEVO(ウェーボ) 『デザインキューブ ドライワックス』

Image: Amazon.co.jp
<できること>
・強いセット力&マットな仕上がり
・ショート~ミディアムをラフなスタイルに

「ウェーボデザインキューブ」シリーズは10種類とラインナップが豊富で、髪質に合わせたスタイリングを行いやすいと人気です。

ドライワックスは、強いセット力でツヤのないマットな仕上がりが特徴。クール系のヘアカラーとの相性も抜群です。

無造作なヘアスタイルに向きで、毛先を遊ばせたい方にもおすすめ。ショートからミディアムヘアの方向きですよ。

バーム

・product(ザ・プロダクト)『ヘアワックス』

Image: Amazon.co.jp
<できること>
・肌にやさしいスタイリング
・しっとりまとまりのあるヘアスタイル

オーガニックのヘアケア用品を展開する「ザ・プロダクト」のヘアワックス。

自然由来成分のみを配合しており、肌にやさしい使い心地が魅力。ヘアスタイリングだけでなくリップ・ハンド・ボディなど全身の保湿ケアができますよ。

毛先のパサつきの防止や、濡れ髪のヘアスタイリングも思いのまま。髪質問わず使いやすいですよ。

サイズもコンパクトなので持ち運びしやすいです。乾燥が気になる季節にも便利に使えますよ。

・AROMAKIFI(アロマキフィ)『オーガニックバター〈ウェットスムース〉』

Image: Amazon.co.jp
<できること>
・ウェット感のあるボブヘア
・ナチュラルな束感

濡れ髪&自然な束感をつくりたい方におすすめな肌にやさしいヘアワックス。

リーズナブルな価格ですが、シアバターやホホバオイルなど原料の95%以上が自然由来の肌にやさしい成分。

天然精油100%使用で、ラベンダーやベルガモットの精油をブレンドした上品な香りが特徴。体のパーツにつければ香水として使えますよ。

髪質を問わず使いやすいので家族用としてもおすすめ。

・LILAY(リレイ) 『トリートメントバーム』

Image: Amazon.co.jp
<できること>
・髪の補修&保湿
・ツヤのあるふわっと軽い仕上がり

表参道の人気サロンプロデュースのヘアワックス。ハンドクリームやボディクリームとして使えて、トリートメント効果があるのが魅力。髪の補修や保湿を行い、ツヤ髪を実現します。

しっかりツヤはでますが、サラっと軽いつけ心地のテクスチャ。ベタつきにくく髪になじみやすいのが特徴。束感もきれいに仕上がります。

天然由来95%配合のオーガニックなスタイリング剤で、敏感肌の方にもおすすめ。

・ナプラ N.(エヌドット)『ナチュラルバーム』

Image: Amazon.co.jp
<できること>
・自然な束感&軽いニュアンス
・ベリーショートからロングまでのスタイリング

サロン専売品のヘアケア製品メーカー「ナプラ」のナチュラルバーム。シアバターベースの天然由来成分のみで作られています。

セット力は強すぎず、ナチュラルな仕上がりにしたい方におすすめ。毛先に動きのあるスイングボブを作りたい方や、ロングヘアーをエアリーに仕上げこなれ感を演出したい方向き。

パサつきがちなパーマヘアにうるおいを与えてくれますよ。ほんのり甘みのあるマンダリンオレンジ&ベルガモットの香りはさわやか。

Image: Shutterstock

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking