マツザキ チアキ

マツザキ チアキ

4

夏になると出番が多くなる白T。

その分、首回りや袖口などが黄ばんでいくので、服の中でも消耗品と考えるようにしています。そこでコスパの良さを考えると、ユニクロや無印良品にお世話になりがちで。

最近セール価格になっていた無印良品の白Tをゲットしたのですが、男女兼用であまりに使いやすかったんですよね。

もう品薄なビッグTシャツ

インド綿二重編みビッグTシャツ 男女兼用

無印良品 「インド綿二重編みビッグTシャツ 男女兼用」 1,490円(税込)→990円(税込)

セール品ということもあり、990円という破格で売られていたのは「インド綿二重編みビッグTシャツ」。

白・グレー・ミディアムグレー・黒・カーキベージュ・ネイビーとカラー展開も豊富なのですが、オンラインでも店頭でも品薄状態なんです。

小さいサイズも大きいサイズも選びやすい

インド綿二重編みビッグTシャツ 男女兼用

このTシャツで嬉しいのは、サイズ展開の幅広さ。これまで男女兼用サイズというと、XS~XLサイズといった展開が多い気がしていて、一番小さいサイズはXSで上にサイズ展開を広げていくといったイメージでした。

ビッグシルエットとはいえ、あまりに体に合っていないとだらしない印象なので、自分の体に合うシルエット選びは本当に大切ですもんね。

ただ、こちらのTシャツは、4XS~3XS、XXS~S、S~M、L~XLというように、どんどん上のサイズに幅を広くしていくのではなく、小さいサイズにも幅を持たせてくれているのが嬉しいところ。

ビッグシルエットで着用したくても、「なんかしっくりこない」を解決してくれたような気がしています。

インド綿二重編みビッグTシャツ 男女兼用

そこで、152㎝の私が選んだのは、4XS~3XS。XXS~XSでもいいかなと思っていたのですが、やっぱり「ちょっと丈が長いかも」「ちょっと袖が長いかも」「肩幅が大きすぎる」といった微妙に気に入らないポイントがありました。そんなときにサイズをひとつ下げられるのはありがたいですね~。

ちなみに、普段から大きいサイズしか着用しない172㎝の同居人は、L~XLサイズを購入しました。

ちょっと気になるところ:生地は薄めかな~

インド綿二重編みビッグTシャツ 男女兼用 生地

白Tを着用するとなると気になるのは透けないかどうか。

このTシャツは若干透けるのが気になりました。私は外に影響しないようにベージュのインナーを着用するようにしていますが、色や柄があるものはインナーとして着用しない方がよさそうです。

白T×ビッグシルエットなら着回しもラクチン!

白Tだから、そりゃ便利でしょうよ! と思いますが、実際のところ、ビッグシルエットのTシャツとなるとバランスが難しいな~と思っていて。

私の場合、低めの身長なのでトップスが大きい分ボトムスでは調整しないと……とか。

ただ、着用してみると、カジュアルな印象を与えるビッグシルエットTシャツでも、ボトムスの色や素材によって雰囲気はガラッと変えられることに気づきました!

私の場合は、ハーフパンツにしても短めに履く方が、バランスは良いなと思いました。

ハーフパンツと合わせるのはもちろん、

インド綿二重編みビッグTシャツ 男女兼用 にデニムを合わせる

デニムに合わせたり、

インド綿二重編みビッグTシャツ 男女兼用 とタックパンツ

綺麗めのワークパンツと合わせたり。

パンツがゆるっとしたものやワイドなものだと、身長が低い分ダラしなく見えてしまったので、パキッとした素材やタックの入っているパンツにインして履くと、カジュアルなTシャツでもちょっと上品にみせられそうでした。

インド綿二重編みビッグTシャツ 男女兼用 キャミワンピ

あとは、今年流行っているキャミワンピに合わせるのも◎ですね~。

これ、すごくラクチンです。

活躍しすぎて、はやくも寝間着行き

洗濯するとシワが目立つので、しっかり伸ばしてから干しましょう。

すでに何度も着用していることもあり、値段相応のクタッと具合になりました。ただ、ちゃんと役割を果たしてくれたと思うので、つぎは寝間着として活躍してもらう予定です。

肌触りもいいですし、どれだけ寝返りを打っても苦しくないので、寝間着には十分すぎるTシャツ。

もう一枚買おうかな~と思っていましたが、セール品ということもあり、在庫は安定していない様子。店頭で見つけたらラッキー! 程度でチェックしてみてくださいね。

インド綿二重編みビッグTシャツ [無印良品]

あわせて読みたい:

マツザキ チアキ

マツザキ チアキ

大阪生まれ大阪育ちのROOMIE編集部員。お笑いとテレビが大好きです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking