Bon-Masu

Bon-Masu

3

粒マスタードと言えばソーセージ、ホットドッグ。

私のそんな思い込みが、マスタードの利用範囲を狭めていたようです。

最高のマスタードに出会う

GOLDEN MUSTARD(ゴールド) 1,540円(税込)

マスタードを超越したと言っても過言ではないマスタードに出会ってしまいました。

つぶつぶの食感、香り、そして控えめな辛味。

ゴールデンマスタード(ゴールド)は、何でもおいしくしてくれそうです。

折り紙付きの味わい

“一品を逸品に変える”をコンセプトに開発された、日本の新しいマスタードです。

日本全国の食品メーカーが集う「調味料選手権2018」にて総合優勝。

「世界味覚賞2019(Superior Taste Awards)」で2つ星を獲得するなど、そのおいしさは折り紙付きです。

白醤油を使ったマイルドな味わいで、どんな料理にも合うんですよ。

というよりも、私の料理をグレードアップしてくれるような感じです。

使える幅の広いマスタード

早速料理に使ってみましょう。

このゴールデンマスタードを使って作る、Wマスタード・シュウマイ。

タネの調味料にマスタードをプラスすると、シュウマイにコクと香りが加わります。

もちろん食べる際にも醤油とマスタードで。

爽やかな味と香りが加わり、いくらでも食べられそうです。

夏の冷やし麺にも

お次は、夏野菜とかき揚げを使った冷やしうどんに。

添えるのではなく、真ん中に乗せて、つゆに混ぜると、とても良い酸味と香りが楽しめます。

細切りのキュウリとマスタードを添えて、変わりそうめんなんてものいいですね〜。

白醤油を使っているためか、しっかりと和風の味わいに馴染んでくれます。

朝食にも使えちゃう

パン、チーズとの相性がやはり抜群です。

クラッカーにチーズとマスタードだけでも十分なのですが、少しアレンジして、釜揚げシラスとマスタードのチーズトーストに。

朝から元気が出る一品ですよ。

納豆のからしの代わりに粒マスタードをIN。

ご飯にのせても抜群ですが、焼いた油揚げにのせると、コレ最高です!

一品を逸品に

今回は「ゴールド」という種類を紹介しましたが、コクのあるブラック、チェニジア発祥の調味料を使ったアリッサ、イカ墨を用いたマーレの3タイプがあります。

普段使いにするには、少し贅沢かもしれませんね、とっても人気なので予約しないと買えない場合もあります。

私の場合は、休日の料理をグレードアップするような使い方で楽しんでいます。

まさに一品を逸品に変えるマスタード。

気になった方はぜひ試してください! 休日はジックリと料理を楽しみたくなりますよ。

GOLDEN MUSTARD

あわせて読みたい:

Bon-Masu

盆栽を人に教える仕事をしています、家でも庭にいることが多いです。 休日は釣りに登山、気ままにアウトドアを嗜んでいます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking